受験問題

冷えとりっこの中学受験 14・小学6年生 第二戦の2月2日

スポンサードリンク

こんにちは。

冷えとりコーディネーターの風茜です。

いつもたくさんのブログの中より、ご訪問いただきまして誠にありがとうございます。

冷えとりっこが受験するとどうなるかを備忘録としてつづっています。

(*今までのことは、

冷えとりっこの受験 序章 いじめからの塾選び 

1 小学四年生のころ 

2 小学五年生のころ(前半)受験してもいいかも? 

3 小学五年生のころ(後半)バレエを辞める 

4 小学6年生夏まで できる子との出会い 

5 小学6年生 サピックス模試と四谷大塚模試

6 小学6年生 夏休みの父親の逆鱗

7 小学6年生 大手塾サピックスの夏期講習

8 小学6年生 秋の学校行事と勉強の両立

9 小学6年生 過去問から傾向を知る

10  小学6年生 受験やめろと言う親 VS どうしても受験したい子供

11 小学6年生 暗記地獄の冬休み

12 小学6年生 初戦の1月と悩ましい登校問題

13 小学6年生 いざ!第一志望の2月1日

をごらんくださいませ。)

******************************************【冷えとりをもっと知りたいという方はメルマガにご登録ください。
ただいま、「冷えとり100の声プレゼントPDF」を差し上げています。】

 

7d21d58af9984f9abae754f3450a97d7_s.jpg『冷えとり100の声  無料メールマガジン』

ご登録いただいた方に、【冷えとりのお悩み100の声】のカタログ目録をプレゼントいたします。

 

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 


二戦の2月2日

この日は雪が混じるお天気でした。

この日も同じ学校の午前と午後受験です。

だいたい1日と同じスケジュールでしたが、違ったのは、

  • トーマスの先生の教科担当の先生すべてが朝の応援にきてくれたこと
  • 昼には第一志望の合否がわかるということ

でした。

先生がすべて応援にきてくれるというのは、じ〜んとします。

受験に関係ないときは、テレビでそんな情景を見ると変なの?と思っていましたが、我が身にふりかかると感動的です。もうずいぶんおかしくなっているんですよね、きっと。

 

【2月2日のタイムスケジュール】
  • 5:00 起床 いつものとおりの漢字計算学習
  • 6:00 朝ごはん パン1枚 フルーツ ヨーグルト 紅茶
  • 7:30 出発。電車はスムースでしたが、駅に着くと子供がトイレに行きたいと言い出し、結局、昨日と同じ時間に到着。
    (うちの子供は怖がりで、緊張するとトイレにこもる傾向があります。怖がりは腎臓が弱いのです。)
  • 8:15 8:30分集合のぎりぎりに到着。
    学校に到着すると、サピックや早稲田アカデミー、日能研の旗を持った人の中に、トーマスの全教科担当の先生が立って待っておられました。思わず号泣しそうな私と少し緊張が走る子供。
    あいさつして、入り口で「合格するぞ!オー!」の掛け声を私と2人でやりました。今日は、子供は後ろを何回も振り返り校舎の中へ。
  • 8:30ー12:40 子供試験、親は体育館の控え室で待機ですが、昨日のように急に祈り出す人がいると精神的に参るので、私は帰宅しました。再度、子供をピックアップにでかけました。みぞれ雪の景色が忘れられません。
    2日は、1日にくらべて人数が一番多かったです。(御三家のすべりどめになっているせいですね!)
  • 9:00 試験スタート
  • 12:30 試験終了。
  • 12:45 子供をピックアップ。
  • 13:00 昨日と同じ、近くのフルーツパーラーでランチ。ランチを食べて、子供がトイレに長くこもっている間に夫から、第一志望が落ちているという知らせをもらいました。(ネットで見てしまったようです)。知らせるべきか、知らせぬべきか悩み、知らせずに次の試験を受けさせることにしました。ようやくもどってきた子供が第二志望の発表があるから早く会場に行きたいと言い出し、移動することになりました。(秘密にしていたのに、学校側がインフォメーションしてしまったようです。)
  • 14:00 次の受験会場へ移動。昨日の合否を知ることに。本当に恐ろしかったです。もし落ちていたらどうしようと思っていましたから・・・。紙に貼り出してありました。先に私が見つけて、狂ったように「あった〜!」と叫びました。子供はドン引きです。うれしさのあまり、人は目から噴水のような涙が出るものだということを体験しました。夫のすぐに電話して、子供と夫が話し、夫からトーマスに合格の電話をしてもらいました。
  • 14:30 合格を知ってから、午後受験会場へ。私は合格書類を事務室にもらいに行きました。
  • 15:00 子供試験、私はうれし涙が止まらなくて、控え室でぐしょぐしょに泣いていました。嬉し涙もたくさんでるものだということも知りました。隣に座っていた保護者のお父さんが私の姿に完全にひいていました。待っている間に合格手続きをずっと熟読して、今後の入学金支払いのスケジューリングをしてていると、試験があっという間に終了しました。いよいよ第一志望が落ちていることを伝える時間がきます。
  • 18:20 試験終了
  • 18:50 子供ピックアップ
    かなりお疲れの様子でした。私の様子をみて、「落ちたんだ」と一言。どうしてわかったのか聞くと、「ママが笑っていなかった」と。帰りの駅で、バレエで一緒だった女の子をみかけました。同じ受験だったようです。
  • 20:00 帰宅。軽い夕食をとって早めに長めの半身浴
  • 21:30 就寝。爆睡。

こんなふうに2日目は、合格と不合格の2つの体験をしました。

今となっては、両方の体験ができてよかったのではないかと思います。

そして、最後のリベンジへ。

つづく。

冷えとりっこの受験 14・小学6年生 第二戦の2月2日のポイント

すごく疲れた時には半身浴を長めにしましょう。

ずっと外出していると体が芯から冷えていますので、温めると疲れが回復しますし、免疫力が損なわれません。

午前&午後受験、面接のある学校を受験するときはお昼問題があります。

子供が学校から出られない場合は、お弁当が基本ですが、午後の受験まで時間がある場合はぜひ温かい食べ物を食べさせてあげてください。

こういうときは食べる時がいちばんの楽しみですから。

体を温めるためにも、ぜひ温かいものを!