冷えとりの基本

冷えとり 基本 お風呂上がりにはまず靴下を!

こんにちは。

冷えとりコーディネーターの風茜です。

いつもたくさんのブログの中より、ご訪問いただきまして誠にありがとうございます。

冷えとりガールズの皆様は、お風呂上がりには、まず何から身につけますか?

今回のブログでは、お風呂上がりに、まず、すること!について、おはなしいたします。

どうぞご覧くださいませ。

*******************************

【ただいま、無料メルマガにご登録の方に冷えとりのお悩み100の解決方法の目録PDFをプレゼントいたします】

 

7d21d58af9984f9abae754f3450a97d7_s.jpg『冷えとり100の声  無料メールマガジン』

ご登録いただいた方に、【冷えとりのお悩み100の声】のカタログ目録をプレゼントいたします。

 

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 


半身浴後のお風呂上がりは汗だくだく

冷えとりでは、半身浴の効果は20分を過ぎてから。

20分半身浴をしてはじめて、体の毒が汗となって、表面にでてきます。

私は少なくとも1時間は半身浴をしています。

お風呂の中でも、玉のような汗が腕に、顔に、噴出してきます。

冷えとりをする前には、まったくお風呂に入っても汗をかくこともありませんでしたから、大きな進歩です。

お風呂から上がって、すぐに汗がひくというわけではありませんので、さっさと服を着ることができないのが悩みのタネでした。

せっかく、半身浴で温まったからだを冷やしたくなかったので、すぐに服を着たかったんです。

でも、服を着ても汗がとまらず、すぐにグショグショになってしまうことが多かったのです。

バスタオル巻きだと肩が冷えてしまって、そこから風邪をひいてしまったこともありました。

 

1・バスローブを着ること

そこで、考えたのがバスローブを着ること。

バスローブなんて、お金持ちが着るんじゃないの?

私もそう思っていました。

でも、冷えませんし、汗もぐんぐん吸い取ってくれます。

とても便利です。

こちらのウチノさんのバスローブは気持ちがよく、オススメです。

2・靴下をはくこと

お風呂上がりには、下着をはくことよりも、なによりもまず靴下をはくこと。

これが一番です。

 

まずは、絹の五本指靴下をはきます。

それから、ウール先丸 → 絹先丸 →  綿先丸 →  絹先丸 → ウール先丸 → 絹先丸 → 綿先丸。 

これをとにかく急いで両足はきます。

頭寒足熱なんですね!

3・靴下とバスローブのまま柔軟ストレッチ

昨年末より、からだをやわらかくするストレッチを始めています。

汗がバスローブに吸収されるまでの時間(5分)ストレッチをします。

(お風呂上がりは、からだがやわらかくなっていますので、効果があります。)

冷えとりでは、ゆっくりと体を動かすことは 奨励されています。

 

4・絹のスパッツ&ウールのスパッツをはく

5分経過すると、だいぶ汗もひきますので、このタイミングでスパッツをはきます。

お風呂上がりにすぐにはくと、汗でぐっしょりしますので、ちょうどいいタイミングです。

 

5・柔軟ストレッチ(5分)

この段階で、下半身は靴下8枚+パンツ2枚+スパッツ2枚。

上半身は、バスローブをはおったまま、柔軟ストレッチを続けます。

終わる頃にはだいたい汗はひいています。

 

6・シルクブラキャミをつける

柔軟が終わった段階ではじめて、上半身に下着をつけます。

汗もひいて、ぐっしょりぬれません。

 

7・パジャマを着る

春夏秋はパジャマのみですが、冬にはパジャマの上にコットンのパーカーを着ます。

 

8・髪の毛を乾かす

最後に髪を乾かします。

塩浴をしていると、髪は熱風で乾かさない方がいいのですが、冬はそうも言っていられないので、熱風で手早く乾かします。

 

*******************************

お風呂上がりからこの間まで、だいたい15分程度です。

それから寝るまで、だらだらとしていますが、体も冷えることもなく、就寝できます。

この方法を見つけるまでは、汗でぐっしょりかいてしまい、体が冷えて風邪をひいてしまったりすることも多かったのですが、この2〜3年はそんなこともなくなりました。

ポイントは、やはり下から上へ身につけることではないかと思います。

人の数だけいろいろな冷えとりスタイルがあるんですね☆

 

冷えとり お風呂上がりにまずすることのポイント

バスローブは、小さいお子さんのいるお母さんにも、とても重宝します。

自分のことより、子供の世話が優先になりますので、バスローブを着て、作業をすると体も冷えにくいです。

選ぶ際には、厚手のものは、乾きにくいですが、体を冷やしません。

ネットで購入するのに迷う方は、無印でも販売されていますので、実物を確認することをおすすめします。

汗をものすごくかきますので、コットン100パーセントをオススメいたします。

お風呂上がりには、下から上へ。

  1. バスローブを着る
  2. 靴下をはく
  3. 柔軟ストレッチ(5分)
  4. 絹のスパッツ&ウールのスパッツをはく
  5. 柔軟ストレッチ(5分)
  6. シルクブラキャミをつける
  7. パジャマ
  8. 髪を乾かす

まずは靴下をはくことが大切です。