「 パワハラ 」 一覧

ママ友と子供のいじめ11 〜価値観の共有?強要?〜

親からの影響を最も強く受ける価値観   子供の価値観には、親の価値観が大きく関係しています。 金銭感覚、ファッションセンス、立ち居振る舞い、言葉遣い。友人との接し方。 すべて、親の生き写しで …

社員を追い込むパワハラの実態7「わたし(フリーですが)の場合5」~中庸〜

怪メール   『記者Kの告発 編集者・岡太郎の悪事をここに告発する!こんな社員はクビにしろ!』 そのようなタイトルだったと記憶しています。 若い編集者は、わたしにそのままPC画面を見せてくれ …

社員を追い込むパワハラの実態6「わたし(フリーですが)の場合4」〜”普通”ってなに?〜

「情けは人のためならず」   人に情けをかければ、その情けがぐるりと周って自分のところに戻ってくるのだから、人に情けはかけたほうがいい。と、いうことわざですが…。 情けのかけかたを間違えたら …

社員を追い込むパワハラの実態5「わたし(フリーですが)の場合3」〜出る杭は打たれる〜

初めて水を得た魚は喜びのあまり…   報道系の雑誌記者という仕事は、なんでもありです。 記事にできるものはなんでもするし、取材できる場所へはどこであろうとすぐに現地に向かいます。 と、いって …

社員を追い込むパワハラの実態4「わたし(フリーですが)の場合2」〜こんなわたしですら克服できた〜

もう、逃げない   その日、わたしは一睡もしませんでした。 わたしは、Aさんを殴ってしまったようです。「ようです」なのは、言い訳でもなんでもなく、本当に記憶にないのです。いま、思い出すのは、 …

社員を追い込むパワハラの実態3「わたし(フリーライターですが)の場合1」 〜こんなわたしですら克服できた〜

家庭での、パワハラ   わたしは、福岡県出身です。 父は大分県出身。系図によると平安末期に壇ノ浦で滅亡した平家一門とともに九州に逃れてきた家の末裔(まつえい)ということらしく、800年来の生 …

社員を追い込むパワハラの実態2「Nさんの場合」 〜辞めるという選択〜

Nさんのその後   今から約3ヶ月前の3月29日、わたしは、Nさんという女性が、男性上司から受けているパワハラについてのエピソードを、 『男性上司のパワハラ2 〜”暴力女”戦後の副作用〜』 …

社員を追い込むパワハラの実態1「わたしが見た。経験した」 〜職場での自分に気づく〜

パワハラは、大人のいじめです   先日、わたしがお世話になっている会社で、人事異動がありました。 歓送迎会が行われ、新たに数名の”仕事仲間”が増えました。   一人のデスクがわたし …

”レスキューパワハラの会” 開催のお知らせ

  逃げたくても逃げられない・・・。 戦いたくても戦えない・・・。 そんなあなたに最適な解決方法とは?     こんなお悩みありませんか?     ○ …

言葉が全く通じない相手とのコミュニケーション11 ~パワハラ9(幸せとは)~

幸せとは・・・・   写真の花はポピーです。 3週間前、小さな子供にむしられた駅前の花壇に合った花です。 わたしは家に持ち帰り、小さなお皿にお水を入れて切断面を浸していました。   …

言葉が全く通じない相手とのコミュニケーション10 ~パワハラ8~

なぜ、わたしはいつもパワハラをされるのでしょう?     「なぜ、いつもわたしはこうもパワハラをされてしまうのでしょう?」 それが、佐江照さんの悩みでした。 もちろん、根田見さん、 …

言葉が全く通じない相手とのコミュニケーション9 ~パワハラ7~

フリーと会社員は全く違う人種   職業差別は絶対にあってはならないものです。   しかし、   この社会には、職業差別は歴然とあり、   その差別をなくすことな …

言葉が全く通じない相手とのコミュニケーション8 ~パワハラ6~

    そんな時、今度は、次長がすごい剣幕で佐江照さんのところにやってきたのです。 「佐江照さん!社員採用されたんだって!」 「はい。ありがとうございました。これからもよろしくお願 …

言葉が全く通じない相手とのコミュニケーション7〜パワハラ5〜

ザワザワを侮るなかれ     派遣で働き始めてから三ヶ月経ったある日、佐江照さんは突然、根田見さんから呼ばれました。 「ちょっと・・・・」 わざわざ周りに誰もいないことを確認して、 …

言葉が全く通じない相手とのコミュニケーション6 〜パワハラ4〜

時給で働くことの意味   佐江照さんへの風当たりはどんどん強くなっていきました。   彼女は、時給で働いています。 とはいえ、彼女が任されている仕事は事務系ソフトを使った会計作業に …

無料メルマガ

『冷えとり100の声  無料メールマガジン』

ご登録いただいた方に、【冷えとりのお悩み100の声】のカタログ目録をプレゼントいたします。


メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須





ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

66人の購読者に加わりましょう

風茜のプロフィール


風茜のプロフィール

冷えとりコーディネーター。
大学卒業後、美術館学芸員を経て、不況、夫の大病のため、転職を8回経験する。仕事のストレスから体が冷え切っていて、ようやく30代後半で妊娠するも、冷えのため切迫早産しそうになる。子供のアトピーをきっかけに冷えとり健康法を知り、靴下2枚ばきから始める。ずっと体が弱く、入院、手術を繰り返していたが、冷えとりで体質が改善されて、健康を取り戻した。現在冷えとり歴10年目。どんどん体の毒出しが起こり、体の冷えがとれて思う通りの幸せな毎日を送ることができるようになった。現在、靴下8枚ばき、半身浴2時間、1年中湯たんぽをいれ、腹7分を心がけている。アラフィフを機に、冷えとりコーディネーターとして、冷えとりと人との間をつなぐ仕事をしたいと活動を決意。2015年6月より冷えとりブログを開始。
冷えとり歴11年まであと2018年7月1日
あと67日です。