インテリア衣食住のあれこれ

冷えとりインテリア こたつよサラバ!こんにちは扇風機!

スポンサードリンク

こんにちは。

冷えとりコーディネーターの風茜です。

(実はインテリアコーディネーターでもあります♡)

冷えとりでは、取り入れ、めぐらせ、捨てるが基本。

衣食住でも、冷えとりをとりいれましょう。

冷えとり季節のレイアウトチェンジ

冷えとり家族はこたつ愛好一家です。

11月から5月までこたつ生活を満喫し、GWにようやくこたつをかたづけるほどのこたつ好きです。

4月頃から暑くなってきて、なんどもこたつをしまおうとすると、家族から激しい反対に遭い、いつもGW頃にようやく片付けられるのです。

それほど、コタツ好き♡

電源をいれなくても、こたつぶとんに足をいれているだけでぽかぽかと足が温まり、冷えとり家族にはなくてはならない家具となってします。

今回は、夏に向けてのレイアウトチェンジです。骨の折れる家具の大移動のお話になります。

でも、それ以上の大きな収穫があるから、ぜひ皆さんにもトライしていただきたいのです。

それは、

○家具を動かすことでその下に溜まっていたほこりを一掃することができる

○部屋のイメージをガラリと変えることができる

この2つなんです。

 

ものは動かさないと、どうしてもその場所に埃がたまります。

すると、そこに悪い気がたまります!!!

それを一気に取り去ってしまいましょう。

 

そして、ものを動かすと見た目が劇的に変わります。

視覚からの変化は、大きく脳に刺激を与えます。

家が新鮮に感じますよ。

 

うちでは、リビングを秋冬仕様から春夏仕様に模様替え。

春夏は主にソファをメイン仕様の生活です。

秋冬はソファをほとんど使用せず、床に直接座る生活になります。

窓の方にテレビを持っていけば、隙間風で寒いと思うこともありませんし、断熱も考えての配置です。

こたつは、ふとんをかけていないときにもインテリア映えするものを選ぶとよろしいかと思います。

 

まさに冷えとりでいえば、頭寒足熱

冬でもあまりエアコンは入れません。

(床暖房やこたつのみです。あまり寒さを感じない時は電源を入れていないこたつに足を入れているだけです)

そうです。

足が暖かければ、上半身が寒くてもあまり気にならないのですよ。

エアコンを使用しなければ、電気代もかかりませんし、乾燥で喉をやられることもありません。

健康に過ごすことができますよ。

そして、いよいよこたつとさよならする季節となりました。

ほこりをたくさんはらって、たまっていたものを一掃して、めぐらせる新しい季節です!

そして、今度は扇風機をつかって、上に登りがちな暑い空気をかき混ぜて、頭寒足熱にいたします。

お高いですが、こちらの扇風機がインテリア映えもいたしますし、季節を問わずに使えました。

 

冷えとりインテリア こたつよ、さらばのポイント

冷えとりの衣食住は、取り入れ、めぐらせ、捨てるが基本。

とくに頭寒足熱をこころがけましょう。

その点、エアコンよりもこたつはベスト。

エアコンだけの場合は、扇風機で空気を動かしましょう。

掃除で大きなものを動かすと、そこにたまっていた汚れやほこりを一気に取り去ることができます。

すごくすっきりしますので、レイアウトチェンジは季節ごとにトライしてみるといいですね♡