インテリア衣食住のあれこれ

冷えとりインテリア いい家物件探そ☆好きな街・吉祥寺

スポンサードリンク

こんにちは。

冷えとりコーディネーターの風茜です。
(実はインテリアコーディネーターでもあります。)

冷えとりでは、取り入れ、めぐらせ、捨てるが基本。

衣食住でも、冷えとりをとりいれましょう。

子供が大きくなり、現在住んでいるお部屋が手狭になり、冷えとり的視点で引っ越しを計画することにしました。

*詳しくは、「冷えとりインテリア 狭い空間のレイアウトを変えて快適に!」もご覧下さいませ。

好きな街に暮らすのって、冷えとり住居として、どうなんですか?←いいに決まってます!

冷えとり住居を探して、テラスハウス高層マンション低層少戸マンション好きな街・神楽坂をみてきました。

好きな街はやっぱりいいです♡

土地を愛する気持ちが日本人にはあるのかな?

今回は人気の街ランキングNO1の街吉祥寺の物件にでかけてきました。

井の頭線、中央線の二大人気エリアです。

井の頭公園もあるので、緑豊かだし、行政もしっかりしている武蔵野市だし、冷えとり的にはいいんじゃない?ということで出かけて来ました。

そして、今回の担当は業界トップの三井のリハウスさん!

2物件のご案内です。お車に乗せて行ってくだささるそうでしたが、歩いて街をチェックしたかったので、イケメン優秀営業の方とあえて徒歩でチェックしにいきました。(デートみたい♡今回は夫に急に仕事が入り、私一人での見学となりました。)

すると、遠い、遠い・・・

駅の近くの物件はあまりないということで、私たちの予算だとどうしても駅から徒歩15分くらいのマンションになりました。

(冷えとり的には健康にはいいですが、また売買することを考えると・・・、それに遅くなると道が寂しすぎます。防犯にもこわいかもしれません。駅から遠くに住んでいる方が多いのか、道にたくさんの自転車の人。自転車渋滞が起きてました・・・(-。-;))

吉祥寺の物件は駅から遠い

15分テクテク歩いて、一つ目の物件に到着。

通勤、通学路をチェックできてよかったので、いくら車に乗せてくれるからと言っても往復どちらかの道は歩いてみましょう。

初めて、ぺら一枚じゃない立派な物件情報をいただきました。

さすが三井さん!

 

間取りはこんな感じです。

外観はこんな感じで素敵でした。

よくマンションの外観より中身重視と言われる方もおりますが、終の住処ならばそれで良いと思います。

うちの場合は、歳をとってさらに買い替えの可能性があるので、外観の美しさも考慮したいところです。

 

中に入ると中央のエントランスを通って、

こんな素敵な中庭があり、住人の方もきちんと挨拶してくださいます。

(これは大事なことですよね!)

玄関はこんな感じです。

床は大理石ではありません。

(大理石は酸に弱く、磨かなければならないので、手入れが大変だから普通の床石でいいと私は思っています。)

さて、お部屋は新築でもないのにモデルルーム仕様でした。

万人にうけるコーディネーションです。

実際にものは少なめにコーディネートされていますので、自分の生活と照らし合わせて注意しましょう。

床と天井です。

床はぴかぴかに磨きこまれていて、あかりがうつりこんでいます。

他のお部屋はこんな感じ。

ただ良かったのは、玄関側の北向きのお部屋のひとつは明かり取りのために、はめ殺しの窓が大きかったこと。(右のお部屋)

リビング側の部屋はこのような感じ。

お風呂と洗面です。

お風呂の床もベージュなので掃除は楽そうです。

(冷えとりをしていると半身浴で毒がだくさんでて、お風呂が汚れやすいのでできれば目立ちにくい色がいいです。その点では◎)

トイレも大切。

こちらは狭いのであとで鏡を設置して広く見せる工夫が必要かも。

台所。

IHでなく、ガスなのでオーケーです。

3階のベランダからの眺めは公園なので気持ちがいいですね。

だいたいにおいて、いい物件でしたが、ひとつ気になることがありました。

それは・・・・

マンション内に鉄塔の線が通っているのです。

三井のリハウスの方は、このために武蔵野市から補助金が出ているので管理費や積立が安いということでしたが・・・・

今回は、いくら人気エリアだからといって、

  • 駅から遠すぎるということ
  • 鉄塔が通っているということ

で、候補からは外しました。

吉祥寺に住むのは、なしということになりました。

まだまだ物件めぐりは続きます。

今日のポイント

三井のリハウスさんからは鉄塔は体に影響はないと聞きました。

実は私の実家は、この図面と同じように鉄塔の近くにあり、晩年、母は甲状腺の病気を発症したり、妹は脳に白い影が映ったりしたので、なにかしらの影響はあったのではと私は思っています。

リスクは避けられるのであれば避けたほうがいいと思います。

もう一つ物件を見せてもらいましたが、こちらは空き物件が多かったです。

こういうことも購入の目安になります。

空室が多いということは、あまり快適ではないのかなと考えてしまいました。

三井のリハウスさんは、今までの不動産やさんの中で接客は最上でした。

大手なので、希望エリアを伝えれば支店から探すことができるとおっしゃっていました。

今はネットが使えるようになって、情報開示が当たり前になってきたので大手だからというわけではありませんが、さすが老舗の三井さんという気がしました。