風茜の冷えとり本
風茜の本とインテリア衣食住あれこれ

【本の紹介】片付けに疲れたらおすすめ!『大宮エリーのなんでコレ買ったぁ?!』

大宮エリー
SPONSORED LINK

こんにちは。
冷えとりコーディネーターの風茜( @kazeakane1)です!

断捨離して身辺整理が進んでくると、出てくる出てくる、どうしてこんなものを買って、後生大事にとっておいたのだろうという品物たち...。本当に嫌になります。そして、もう絶対にむやみに買わないぞ!と心に誓うのに、なぜか同じものをまた発見!そんなおばかさんは私だけだと思っていました。
今日の記事は、断捨離に疲れたらおすすめする『なんでコレ買ったぁ?!』の本の読後の感想です。あの大宮エリーさんも!みんな同じなんですね!

大宮エリーさんの『なんでコレ買ったぁ?』は日経MJで連載されたエッセイ本

このエッセイは、日本経済新聞社が発行している消費と流通、マーケティング情報紙「日経MJ」で連載されたものです。マーケティングや物流にまつわることで大宮エリーさんに執筆依頼があったそうです。ところが、大宮エリーさんはそんな専門的なことは書けないので、買ってしまったもので、理由がわからないものが多く、その購入時の心理や衝動の理由を探求することを、無理やり流通とマーケティングとこじつけて、始めたエッセイということでした。

この本の楽しみ方は、

  • こんなくだらないものを買ってばかだなと思ってよし
  • モノたちを文章化することで成仏させようという目的

があったということです。

もののカテゴリーが8つに分かれています。

  1. ゆるく実用的なカテゴリー
  2. ざっくりファッションカテゴリー
  3. 食品カテゴリー
  4. ざっくり家電カテゴリー
  5. 料理道具カテゴリー
  6. 自分的には風流カテゴリー
  7. 玩具カテゴリー
  8. スピリチュアル?なカテゴリー

このカテゴリーをそれぞれ見ていっても、あるあるのものが多すぎて共感しまくりました!

本から知る私にもあった!なんでコレ買ったぁ?!

読み進めていくと、私にも「なぜコレ買ったぁ?!」がありました。

あるある〜と読み進めていくと気がついたんです。
苦手と思うことをものを買うことで消化しようとしていたのではないかということに!

私の場合は、「なんでコレ買ったぁ?!」がティーカップなどのお茶の道具でした。家族は3人しかいなく、みなマグカップ愛用家なのに、うちには死ぬほどテーカップ&ソーサーがあるのです。しかもお客様もそう多い家ではないのに。(だいぶメルカリに出しましたが、それでも気がつくと増えてしまうのです。)

大宮エリーさんも茶器をあげられていましたが、その心理を読むとこういうことがと思えました。

私は優雅なティータイムを過ごしたかったんです。

でも、働いていると優雅にお茶なんかできないし、カフェでくつろぐ時間なんかもあまりない。そんな気持ちをお茶関係のものを購入することで満たしていたのだと思います。(ついでに紅茶も山ほど発見しました。これは子供の学校のバザーに出しました。)

こんなことがこの本を読み進めていくうちにわかってきました。

なんどもお茶道具を購入する気持ちの心理にはこういうことが隠れていたのです。
現在、仕事をやめて時間が増えたのでお茶をするゆとりがあるのに、今度はまたそんなお金を使うのがもったいないとお茶をすることを自分に許していないから、またまたお茶道具を知らないうちに購入していたのです。

茜
自分にお茶する時間とお金を許可してあげよう...

断捨離ばかりしていると、確かに一時的にすっきりしますが、きちんとモノを浄化させないと同じことを繰り返すので、何度も何度も断捨離地獄に陥るのです。このことがわかっただけでも、この本を読んでよかったです。

断捨離をしていると、自分があまりにも同じものを購入し、捨てられず溜めていたことを思い知らされます。そんな断捨離作業をされている方におすすめしたい本です。

そして、大宮エリーさんのエッセイは面白いので、気持ちは明るくなり、またストップしていた断捨離を再開することもできるようになりました。

おまけ:風茜の「なんでコレ買ったぁ?!」

私がついあると買ってしまうものをご紹介したいと思います。

ポストカード


展覧会に来た証拠にどうしても購入してしまって、たまっていくポストカード。メールで連絡のやりとりをするようになり、ほぼハガキを使わなくなっているのになんとなく購入してしまうものです。

茜
スマホが使えない年配の方にはハガキをたまに書くこともあります。展覧会観覧後にカタログを購入しない代わりに購入する傾向になった気もします。

宏
まぁ、場所をとらないし、いいんじゃない?

ポストカードの浄化は、年に一度年賀状で使用してしまいます。

学校名の入った鉛筆

大宮さんは神社の学業成就の鉛筆を受験生でないのに購入してしまうという点が私の共感ポイントでした。私は学校名が入っている鉛筆を購入してしまうんです。おそらく、子供にこの学校へ行って欲しいという情念から購入するのではないかと自分に恐ろしさを感じています。

音
東大鉛筆は絵を描くときにすごく描きやすいんだよ!

しかし、実際に子供はこの鉛筆を勉強ではなく、趣味に活用しているという...

音
勉強には2B鉛筆がいいの。

芸大鉛筆も愛用しているのですが、絵には東大鉛筆が良いみたいです。

でも、この鉛筆をみるとなぜか気持ちが引き締まります。私は使わないけれど...

(執筆者:冷えとりコーディネーター 風茜)

風茜(Kaze Akane)
この記事を書いている人

風 茜(Kaze akane)

 

冷えとりコーディネーター 冷えとり歴12年目。靴下8枚ばき、半身浴2時間、1年中湯たんぽをいれ、腹7分を心がけている。アラフィフを機に、冷えとりコーディネーターとして、冷えとりと人との間をつなぐ仕事をしたいと活動を決意。2015年6月より冷えとりブログを開始。冷えとりお得情報や、冷えとり家族の日常をお届けしています。

風茜の提供するサービス
風茜の冷えとり本