風茜の冷えとり本
風茜の本とインテリア衣食住あれこれ

2019年東京のおすすめ展覧会情報!お得情報も!

2019年おすすめ展覧会
SPONSORED LINK

こんにちは。
冷えとりコーディネーターの風茜( @kazeakane1)です!

展覧会はお好きですか?今年は日本・オーストリア外交樹立150周年でウィーンと関係のある展覧会が開催されたり、国立西洋美術館60周年記念があったり、ずっと休館していた東京都現代美術館もリニューアルオープンといい展覧会が目白押し!

今日の記事は元学芸員だった私のおすすめの展覧会をご紹介いたします。

もちろん、お得に観る技もお伝えいたしますよ!

日本・オーストリア外交樹立150周年でウィーンの名作がぞくぞくやってくる2019年展覧会おすすめ

クリムト展ウィーンと日本1900@東京都美術館|4月23日から7月10日まで

クリムト展ウィーンと日本1900

クリムトの作品が過去最大級に出品されます。クリムトの影響を受けた日本の美術品も展示されます。

官能的な表情で有名な「ユディット」もやってきます。

ウィーン・モダン展クリムト、シーレ、世紀末への道@国立新美術館|4月24日から8月5日まで

ウィーンモダン展

19世紀末から20世紀初頭にかけて、ウィーン独自の装飾的てきらびやかな文化が開花し、退廃的て世紀末芸術が大集結する展覧会です。

クリムト、シーレ、ココシュカなどのアートを観ることができます。建築家では、オットー・ワグナー、アドルフ・ロースの作品も!

追記2019.4.24

国立新美術館の休館日は火曜日です。通常、ほとんどの美術館や博物館の休館日は月曜なので、月曜日休館と思い込んでいる人が多いためか、月曜日はそんなに混んでいません。狙い目は月曜日です。

ハプスブルク展600年にわたる帝国コレクションの歴史@国立西洋美術館|10月19日から2020年1月26日まで

ハプスブルク展

世界を制覇してきたハプスブルク家の至宝が日本にやってきます。歴史の教科書でおなじみのマリア・テレジアやマリー・アントワネットの肖像や、王女マルゲリータの肖像も!ハプスブルク家のコレクションはウィーン美術史美術館に所蔵されていますが、ウィーンとの外交樹立150周年の最後を飾るのはこの展覧会。子供と見ると、歴史のあの人だと興味をそそることもできますね。

茜
チラシが額みたいになっていて、とてもおしゃれ♡

西洋美術館コレクション!修復後の初公開のモネの<幻の睡蓮>2019年展覧会おすすめ

国立西洋美術館開館60周年記念松方コレクション展|6月11日から9月23日まで

松方コレクション展

松方コレクションとは、現・川崎重工業株式会社の前身である神戸の川崎造船所を率いた松方幸次郎(1866-1950)のコレクションが1959年に国立西洋美術館開館した折に収蔵されたものです。

一時はロンドンやフランスの美術品を買い集めたり、日本から流出した浮世絵を買い戻したりするなど、日本に海外の素晴らしい美術品を多くもたらしたこのコレクションは、松方氏の事業破綻、火災、フランス政府へ接収などを経て、戦後日本に返還されました。

現在の西洋美術館は、常設展収蔵品はこの作品がベースとなっているともいえるでしょう。

今回は、開館60周年を記念して、世界に散逸してしまって今はオルセー美術館にある松方旧コレクションのゴッホの<アルルの寝室>、2016年にルーブルで発見され、寄贈された幻の名作モネの<幻の睡蓮>が修復後初公開など話題が多い作品展です。

リニューアルオープンでさらに生まれ変わった東京都現代美術館のコレクション!2019年展覧会おすすめ

東京現代美術館リニューアル・オープン記念展百年の編み手たち展|3月29日から6月16日まで

東京都現代美術館コレクション展

およそ3年にわたる改修工事を終えた現代美術館がリニューアルオープンです。

現代美術なんてわからないという人も、この館のコレクションの中に必ず好きな作品があるはず!

現代美術は大作が多く、広い空間でゆったり鑑賞ができる場所です。美術図書室の充実とレストランやミュージアムショップも楽しめます。

 

展覧会をお得に利用するおすすめ技

せっかくの展覧会です。お得に見る技と混雑を避ける技もご紹介します。

上野の展覧会
【お得情報】上野で展覧会を混雑せずにお得に観る方法〜割引チケットの買い方etc展覧会はお好きですか?企画展は混むし、値段も一人1,500円くらいかかるから、家族で行くとものすごい出費!できるだけお得に、混まずに観たい!そんな方にむけて、元学芸員だった私のお得に展覧会を見る技をお伝えします。いいものをたくさん観て、豊かな気持ちになって幸せになりましょう。...

広々とした空間でアートを観ると、心が洗われるようです。ぜひお出かけくださいね!

音
無料のうちにたくさん行こうっと!

(執筆者:冷えとりコーディネーター 風茜)

 

 

風茜(Kaze Akane)
この記事を書いている人

風 茜(Kaze akane)

 

冷えとりコーディネーター 冷えとり歴12年目。靴下8枚ばき、半身浴2時間、1年中湯たんぽをいれ、腹7分を心がけている。アラフィフを機に、冷えとりコーディネーターとして、冷えとりと人との間をつなぐ仕事をしたいと活動を決意。2015年6月より冷えとりブログを開始。冷えとりお得情報や、冷えとり家族の日常をお届けしています。

風茜の提供するサービス
風茜の冷えとり本