冷えとりの基本

コロナウィルスの今、考える本当の冷えとり

本当の冷えとり
SPONSORED LINK

こんにちは。
冷えとりコーディネーターの風茜(@kazeakane)です!

2020年は、コロナとともに始まって、感染予防と未知のウィルスに振り回されました。

まさか世の中がいっぺんするほど、生活が変わるとは私も考えていませんでした。

今日の記事は、これからどうやってコロナとつきあっていけばよいのかを、冷えとりの視点から考えてみたいと思います。

冷えとりの基本

靴下

冷えとりといえば、
靴下をたくさん履いている人。

そんなイメージが強いですよね!

10年前に冷えとりがブームになったときに、
冷えとりの靴下のセットが書籍とともに
本屋さんで販売されていました。

一時期、靴下の重ねはきをする女子が増えて、
冷えとりといえば、靴下を履く健康法というように
認識されるようになりました。

実は、靴下は冷えとりの中のひとつです。

冷えとりでは頭寒足熱を実行するために、
24時間体を温めることを推奨しているのです。

そのひとつに、靴下の重ねばきがあります。

内臓のある上半身は血が巡っているので、
温かいのですが、内臓のない下半身は、血液が巡りにくく、冷えがちです。

それを補うために、

  1. 半身浴や足浴。
  2. 就寝中の湯たんぽ。
  3. 起きている時間にも半身浴の効果と同じくらいある靴下の重ねばき

をしているのです。

冷えとりの目指すこと

冷えとりイメージ

冷えとりとは、冷えとり提唱者の進藤義晴先生がこのように述べられています。

「冷え取り健康法」は、循環・平等・相互作用(助け合い、補い合い)等、宇宙の法則である弁証法哲学を土台とした正しい生活法なので、一人ひとりの体の健康だけでなく、心の問題、霊の問題、運勢等だけではなく人間関係、産業経済制度、各分野の学問等を含めた正しい科学であり、正しい生活の指針です。一人ひとりが正しく活きようという、しっかりとした意識を持って努力して行けば、個人も社会も自然も健康になります。

「神霊医療」(進藤義晴著)

私も最初は冷えとりのブームに乗っかり、
始めたので、とにかく健康になるのであれば
と思いました。

たぶん、進藤先生の述べている本当の冷えとりの意味をわかっていなかった
と思います。

私が冷えとりをすることで、

個人も、社会も、自然も健康になる。

今では理解できます。

冷えが取れてくると、欲がなくなるので、
欲を満たすだけのために
お腹も減っていないのに食べることもなくなり、
そうすると、食べ物が足りていないところから
食べ物を奪うこともなくなります。


すると、自然を破壊しなくてもよくなる。

これが、個人も、社会も、自然も健康になるということ。

こんなことがわかってきました。

昔から進藤先生が述べてきたことと、同じようなことを多くの人が気付き始めています。

最初は自分の健康のために始めた
冷えとりでしたが、
冷えをとることでこんなにあらゆる正しい状態を
作り出していることに貢献しているのだと
いうことがわかるようになりました。

コロナが怖ければ、体を温めよう

コロナで学校が休校になり、家にこもったうちの子供は、二学期から学校が始まり、通学が怖くて仕方がありませんでした。

変わってしまった世界を受け入れることができなかったし、コロナ=死というイメージがとても強くありました。

もともと、腎臓が弱い娘は、超がつくほど怖がりでした。

▼こちらの記事も是非ご覧ください▼

【親子の冷えとり】腎臓の弱い子供は怖がり!怖がる子のための親の対応

夏の暑さが残る秋の始まりでも、制服の下にスパッツを履いて、靴下をかさねばきし、半身浴タイムを増やすにつれて、だんだん恐怖心も薄れていきました。

私たち冷えとり家族は、この10年以上にわたる冷えとりで好転反応(めんげん)に遭ったときに、一時的に症状が悪化したものですが、それを乗り越えると本当に健康になりました。

健康になると、もとの生活に戻ることはできません。

もしかしたら、コロナも世界が変わるきっかけで、新しいライフスタイルや生き方をする世界に変化してしまったのかもしれません。

冷えとりをしていれば、暑さ寒さにも順応できるようになりますが、この新しい世界にもきっと順応できるはずです。

本当の冷えとりを理解して、
ぜひ楽しく冷えとりを続けていきませんか。

コロナとともに生きる今、生き方やライフスタイルを変えなければならなくなりました。

それはいいことなのか、悪いことなのかは今はまだわかりません。

薄々感じるのは、今までのやり方がもう通用しなくなってきたこと。

私は、必要以上にコロナを恐れずに、これからも淡々と冷えとりを続けていこうと思っています。

(執筆者:冷えとりコーディネーター 風茜)

 

(執筆者:冷えとりコーディネーター 風茜)

進藤先生の書籍は、

【冷えとり本の紹介】心のことが書いてある進藤義晴先生の『神霊医療』

【冷えとり本まとめ】冷えとり本はこの3冊でOK!

冷えとり最新刊『免疫が高まるシンプルな暮らし』(進藤幸恵著/進藤義晴監修)もぜひ参考にしてみてくださいね!

風茜の提供するサービス
冷えとり100の声
風茜の本