土用の毒出し(消化器の毒出し)

冷えとり 土用の毒出し・夏前の乱2(2016)

SPONSORED LINK

こんにちは。

冷えとりコーディネーターの風茜です?

いつもたくさんのブログの中よりご訪問いただき、本当にありがとうございます。

4c5ba0fdf4486f2d2371ce2cf5e746d9_s

さて、夏に向かう前の土用の毒出しが4月16日から5月4日までありました。

(*前回までのお話は、「冷えとり 土用の毒出し 春の乱1」をご覧くださいませ。)

五臓の毒出しはそれぞれ年に1度は毒出しがあります。

春は肝臓、夏は心臓、秋は肺、冬は腎臓

その季節の変わり目に消化器の毒出しがありますが、消化器の毒出しだけ年に4回あります。

そう考えていると、いかに私たちは食べ過ぎているか(消化器を酷使させているか)がわかるのではないでしょうか?

私たち家族も冷えが取れてくるに従って、毒出しが起こってもあまり騒がなくなってきました。

例えば、胃がムカムカして目が覚めると、食べ過ぎたからやっぱりこうなるねと思えたり・・・。

(以前は口内炎ができただけで大騒ぎして、すぐに医者に行っていました)

今は、生活を反省し、じっと毒出しに耐えることができるようになりました。

さて、前回までのお話しでは、土用の毒出しで、ついに子供が発熱をしてしまいました。

発熱は、熱を出して体を温め毒を出そうと体が頑張ってくれている証なのですが、解熱剤などを使用してしまう場合もありませんか?

免疫力は37度以上がよく働きます。

熱が出た場合は、消化器を休めるために食べず、足元を温め、咳(肺の毒)、鼻水(脳、肺の毒)、たん(肺、脳、リンパ系の毒)、頭痛(肝臓、胆嚢、子宮系の毒)、全身のだるさ(腎臓の毒)、のどの痛みや食欲不振(食べさせないようにするため)で毒出しをするといいのです。

高熱が出れば、日頃の食べ過ぎや心臓、肝臓などの毒出しもできます。(動物性脂肪、卵、食品添加物などの毒出しもできます)

そういうことを考えると、薬で熱を下げないほうがいいのかももしれませんね。

それでは、風家の土用の毒出しの後半を見ていきましょう。

 

風家の土用の毒出しの続き(10日目から立夏まで)

 

9a452b59c77586cec6db8258b0dc5b82_s

*ご注意*

ここから先の文章では、汚いと思える単語も多く出てくる場合があります。何かを食べながら、お読みいただいている場合、ご不快な気分にさせてしまう場合もございますので、お気をつけてご覧くださいませ。

不快になるかもしれない画像もありますので、見たくない場合はスクロールをしてくださいね!

 

 

4月25日(10日目)

昨日は、たけのこを食べ、そのもたれで、吐き気がして全く食欲が出なくて、ご飯を食べれなかった。

すると、かゆくもなく、体はいたって快適。

*夫はたけのこなどの木の芽が苦手です。(特にふきは気持ち悪いと言います)肝臓が弱いので、そういうのも関係があるのではないかと思っています。春は木の芽を食べると肝臓の毒出しの助けになります。

子供

昨日38℃まで上がっていた熱が36.5℃に下がる。

昨日、半身浴を長めにしてフラフラになってすぐに寝た。(全く食べていなかったのでお腹がぺったんこになり、フラフラするらしい。普段は食べるとお腹がぷうっと出ている子供体型。)

昨日はほとんど何も口にしなかったのが効いたのかも。今日から少し食欲があるというので、リンゴを煮たものから少しづつ食べさせていく。

*昨日熱が38℃に達しそうになった時に、夫がインフルエンザかもしれないから(学校でこの時期にインフルエンザが流行っていて、低学年のクラスが学級閉鎖になっていた)、日曜日にやっている病院に連れて行こうと言ったが、本人が気持ち悪く、連れて行く気力が湧かなかったので、1日待つことになった。(連れて行かなくて本当によかった・・・・。毒出しだった!)

 

 

4月26日(11日目)

不思議なもので、子供が病気の時には私の不調は現れず。すっかり子供が回復したら、今朝、非常に臭い便が出て驚く。

朝、親指が2時間くらい痛くて悶絶。

子供

朝、ゆるい便。食べていないのに結構出て驚く。

 

 

4月27日(12日目)

急に半身浴中にお腹が痛くなるが、しばらくすると痛みは消える。

夜中に自分のおならで何度も目が覚める。

足の指の間から腐臭の伴う浸出液が出る。

閲覧注意↓↓↓↓(見たくない場合はスクロールをしてくださいね)

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1172周りが白いのはシルクパウダーをはたいているため。この汁が出ているところは、消化器の毒が出る場所。

 

子供

バレエで先生に怒られ、ストレスのために手の甲をかきまくり、血が出る。(手の甲は消化器の毒

 

 

4月28日(13日目)

昨日お風呂でお腹が少し痛くなったのは、生理だった。それほど生理痛を感じなくなっているのに驚き。ただ、猛烈に甘いものが食べたくなり、ケーキセットを食べてしまったら、お腹が痛み出した。(生理になっていることを知らずに食べてしまった)

足の指の間の浸出液が止まらない。

子供

肌荒れも相変わらず。

 

 

4月29日(14日目)

左の目の奥が痛い(目は肝臓の毒)お腹も痛い。(やはり甘いものを食べると過ぎに体に不調が現れる)

足の間の浸出液が止まらない。

祝日なので焼き鳥を家族で食べに出かけることになり、足のことを気にしているので、私が夫にお酒の量を少なくするように提案したら、「外食の時は豪快に飲みたい!」と、開き直られる。(食欲が強いのですね)

子供

首のところにアトピーが出てきてしまった。(焼き鳥を欲張って食べたせい?)

 

 

4月30日(15日目)

左目の奥、左の頭痛、左の肩こりと左側だけが不調。(左は新しい毒。)

明け方、大腸の時間帯に目が覚める。

便が固く、お尻が切れる。ずっと便はゆるかったので少し驚き!(やはりケーキセットの毒が出ているのか?)

六造六腑の時間-1六蔵六腑の時間帯

足の指の間の浸出液がひどくて、本日からシルクの五本指靴下を履き替える。足の間から腐臭がする。(やはり昨日焼き鳥屋で思う存分、食べて、飲んだのが毒として出たのか?)

子供

かゆくてかゆくて掻きまくる。(昨日、子供としては驚くくらい焼き鳥を食べたので、肌に消化器の毒が現れたのか?)

 

 

5月1日(16日目)

大腸の時間帯に目が覚める。

夜、お腹の痛みがあり、半身浴中、トイレに行く。

足の指の間の浸出液が止まらず、お腹がゴロゴロ。

子供

首からヘソの間の前上半身が肌荒れ。

 

 

5月2日(17日目)

ゆるくて臭い便が出る。

足の指の間が切れて痛い。(夜の仕事中に食べた豚の角煮が脂っぽくてもたれる。この日はコーヒーや甘いものをたくさん食べていたらしい)

 

 

5月3日(18日目)

気持ち悪くて目が覚める。下痢。二度寝。

37.2℃まで発熱。(平熱が低いので、7度台でも高熱らしい)

食べないことと半身浴を勧めるが、お腹が減って眠れなかったらどうしようとうるさい。

(このように少しでも空腹になると我慢できない人は、わが身の安心、安楽を求める傾向が強く、消化器を悪くしやすいとあるので、まさにその通りで驚きです)

生まれて初めて2時間の半身浴を行う。

(渋々試してくれました)

子供

食欲がなく、朝を食べない。

昼にガーリックトーストとぶどうパンとオレンジジュースを食べるが、足りないからもっと欲しいと言う。(しかし、食べさせませんでした)

午後2時、すべてを吐く。(吐くのは、表面と奥の間の真ん中くらいの毒が出ているということ)

38℃まで熱が出る。

何も食べずにそのまま寝る。

 

 

5月4日(最終日)

昨日の半身浴のおかげで朝、36.3℃に。(少し、半身浴の威力を信じられたみたい。この日以降、体調が悪いと感じると、進んで半身浴を行うようになりました)

お腹が減りすぎて眠れなかったので、朝はリンゴ+ヨーグルトでは足りないから、トーストも食べたいというが制止。

治るとすぐに便秘予防のために炭酸水を飲もうとする。(夫は炭酸水を飲むと快便になると思っています。しかし、胃が気持ち悪いからやめたほうがいいと緑茶のみ許可し、この日は緑茶をがぶ飲みしていました。緑茶は体の毒を出してくれます

子供

朝、37,3℃へ。午後。36.8℃。夕方、36.3℃。ゆっくりと平熱に戻る。

半身浴後、お風呂に白いふわふわがいっぱい浮く(白は大腸と肺を表す色で、大腸と肺の毒出し

この日は、リンゴとヨーグルトのみ。

発熱後には、体にあんなにあったアトピーの赤みがなくなり、一斉にカサカサになって、皮膚がポロポロと取れました。

 

土用の毒出しのまとめ

 

土用の毒だし期間は、本当に消化器の毒だしが起こりました。

私は主に、大腸系、夫と子供は胃腸系と発熱。

「最近、冷えが取れてきて、あまりひどいめんげんが起こらなくなってきたというのもあり、気を抜いていた」

と言ってました。

(気をぬくと、すぐに食べすぎます)

私はほとんど風邪をひかなくなったし、あんなにしょっちゅう熱を出していた子供も熱を出さなくなっていたということもあり、油断していました。

夫も数年前までは、喉からくる風邪をすぐに引いていましたが、最近はあまり喉も痛くなることもなかったようです。

そこへ夫と子供の発熱。

二人が熱を出したのはほぼ同時だったので、寝室で休んでもらいましたが、その寝室の臭さと言ったら!

ドブ川の臭いというか、物が腐っている時の臭いというか・・・・。

あの臭いは毒の正体だったのでしょうか?(毒の残り香?)

私は、熱が出ると、自分や家族の身体を思いやるということよりも、「また仕事を休まなければならない・・・、怒られる・・・」という気持ちが勝って、とてもイライラしました。

(休むということをなかなか言える環境になかったからです。それと自分中心の考え方ですね。)

今は、そういう気持ちはなく、熱が出たら、「毒が一気に出てくれてよかったね」と言えるようになりました。

心の持ち方も少しづつですが、変わってきているように思います。

皆さんの土用の毒だしはいかがでしたか?

冷えをとり、素敵な夏を過ごしましょう!

 

冷えとり 土用の毒出し・夏前の乱2/今日のポイント

e0069a59a4d6a9062c465775fac2ba17_s

熱が出ている時はお風呂に入ってはいけないと言われてきました。

最近では西洋医学でも、熱があっても入浴は大丈夫と言われます。

特に喉が痛い時は、お風呂の湿気で喉の痛みが緩和できるそうですよ。

冷えとりでは、風邪は万病を治すきっかけとなると考えます。

風邪で発熱すると、それまで溜まっていた身体の毒や、

このまま放置しておくと重篤なことになるかもしれない毒のもとが

出て行ってくれるのです。

熱がある時は半身浴をいつもよりも長く行います。

(だるくてやりたくない時は無理にやる必要はありません。

その場合は足湯のみでも効果があります)

暑くて長く入れないという場合は、頭に水をかけると入れます。

また手首を出すのも忘れずに。

薬を使わずに風邪をやり過ごすと、体の中がお掃除できますよ。

皆様からのご意見、ご感想をお待ちしています。






お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

性別(必須)
 男性女性

年代(必須)
20代30代40代50代60代70代子供

冷えとりのお悩み(必須)
からだのめんげんこころのめんげん冷えとりのやり方冷えとり茶話会

冷えとりのお悩み&感想など