冷えとりB面(ブラック)

【冷えとりB面】どうして冷えとりB面(ブラック)を伝えるのか

SPONSORED LINK

冷えとりB面では、本音で冷えとりめんげんについてお話ししていきます。

現在、風家族は家族全員が冷えとりをしていますが、ここに至るまでは、いろいろな摩擦を乗り越えてきました。

自分がいつでも正しく、自己主張の激しいバトルが絶えない夫婦でした。

そんな二人が冷えとりに出会い、さらにバトルを繰り返しながら変わっていくお話をこれから書いていきます。

どうして冷えとりB面を伝えるのか

物事にも、物にもオモテとウラがあります。

冷えとりはとてもいいけれど、つらく苦しい面もあります。

健康になろうと思って始めたのに、余計体調が悪くなってしまった…..

そう思ってやめてしまわれる方も多いのです。

なんでもそうですが、努力や苦しみの先に成果や効果の大きな喜びがあります。

ですが、今多くの人に受け入れられているものは、

簡単に改善できる健康法とか、努力しないでもできるようなものが多いです。

簡単に体質が変わると思ってやってみたのに….

こういう不満が出てくるのも当たり前のことでしょう。

ですが、はっきりと申し上げます。

努力=成果

これは変わることはありません。

SNSで楽しいことを掲載している大活躍のあの人だって、水面下では足をバタバタして努力しているはずです。

10年前に服部みれいさんが冷えとりを紹介してから、一時的に冷えとりガールズが増えました。(私もその一人です)

ですが、その人たちのどのくらいが残っているでしょう?

進藤幸恵さんによれば、1割も残っていないそうです。

やはり、人間は楽な方へ、楽な方へと流れていくのです。

楽しく、楽チンな健康法のタイトルは、本を売るための戦略タイトルです。たとえそのようなタイトルであったとしても、著者は大変な努力をされているということを忘れてはいけません。

私がなぜ冷えとりのB面を伝えていきたいと思ったのかは、注射と同じです。

注射も打つ前に「痛くないよ」と言って、打たれると痛くて、次の注射が怖くなります。

でも最初から「痛いよ」と言われて打つと、実際にそうでもなかったら、次の注射がつらくなくなるでしょう。

それと同じと考えるので、冷えとりのブラックな一面も並行して伝えていきたいと思ったのです。

冷えとりは本当にいいものかを検証していきましょう

私たち家族は、医者がいなければ生きていられないほどの虚弱体質でした。

そして、西洋医学にどっぷり依存することで生きのびてきました。

ところが、信頼し切っていた医学にも治療できないアレルギーやアトピーといった病気に直面し、治せない病気があるということに悲観していたときに、わらにもすがる思いでたどり着いたのが、冷えとりでした。

すると、今まで長く苦しんで来た激痛生理痛が消えました。

これは?!と思い、夫にも健康になってもらいたいと冷えとりを勧めたところ、西洋医学がすべての夫には当然受け入れられるはずもなく、拒否され、変なものに取り憑かれてしまったと心配のあまりバトルになりました。

それに反して、冷えとりを始めた妻や子供はどんどん健康になって行くので、夫も恐る恐る冷えとりを試してみることにしたのですが・・・。

バトルになるときは、自分が一番正しいと思って一方的に自分の主張だけを相手にわからせようとするときでした。

西洋医学 VS 冷えとり のバトルを何回も繰り返すうちに、お互いに少しづつ歩みより、家族全員が冷えとりで健康を取り戻しました。西洋医学一辺倒だった夫もようやく冷えとりの毒だしやめんげんを自分の体の変化から信じられるようになったのです。

冷えとりにはめんげんという痛みや辛さという鍛錬に耐えられるようになるまで、それが嫌でやめてしまう人も多いのが現状です。

しかしながら、その先には、自分の体の声を聞き、頭で考え、判断し、調和する道に必ずたどり着けるのです。

冷えとりB面では、西洋医学一辺倒だった家族が自分の自然治癒力を信じて行動できるようになるまでを、西洋医学側の夫と冷えとりに、はまってしまった妻のバトルの道のりを面白おかしく綴っていきます。

冷えとりを始めてめんげんに遭遇したときに、そのめんげんがどんなふうに進んでいくのかを私たち家族の経験を伝えることで、安心の材料になればと考えました。

めんげんで苦しい時に、安心の材料になることを願っています。

冷えとりB面の予告

冷えとりB面では、私が冷えとりにハマり、夫に健康になってもらいたいからといって、冷えとりを強制しようとした結果、離婚寸前までのバトルが起こったことをお話ししています。

家族で起こる西洋医学VS冷えとりを物語風に面白おかしく書いています。

冷えとりを始めると、家族の中で孤立してつらいというお悩みもたくさん寄せられます。

冷えとりはいいことばかりではないそんなB面もあるのです。

冷えとりB面では、本音で冷えとりで起こるめんげんについてお話ししていきます。

メルマガの読者の方だけがご覧いただけます。

毎週月曜日21時半アップして、メルマガでパスワードをお伝えしています。

ご興味がある方は下記のメルマガ(無料)にぜひご登録くださいませ。

(執筆者:冷えとりコーディネーター 風茜)

冷えとり無料メルマガ『冷えとりとめんげん ~めんげんを乗り越えるといいこといっぱい、心にも体にもいいことだらけ』 メルマガです。 冷えとりって聞くけど、一...
風茜の提供するサービス