「 育児 」 一覧

ママ友と子供のいじめ11 〜価値観の共有?強要?〜

親からの影響を最も強く受ける価値観   子供の価値観には、親の価値観が大きく関係しています。 金銭感覚、ファッションセンス、立ち居振る舞い、言葉遣い。友人との接し方。 すべて、親の生き写しで …

ママ友と子供のいじめ10 〜その距離感、おかしくない?〜

妻のことを外で話す夫の姿   音の友達、カズ子ちゃんのママは、なぜかパパとしか連絡を取リません。 そんな彼女のことを、ご主人は、かなり見下している感じでした。普段は物静かなおとなしい方ですが …

ママ友と子供のいじめ9 〜嘘なのか?嘘じゃないのか?〜

子供は見抜く   お友達と遊ぶ約束をしたのに、待ち合わせ場所に友達が来ない。家に行ってみても誰もいない。 翌日、カズ子ちゃんは、「約束場所に行ったけど、音ちゃんが来なかった」と責める。「その …

ママ友と子供のいじめ7 〜良かれと思った行動が仇になるママ友の世界〜

危険がいっぱい   最近の男の子は幼稚園に入るころから、地元のサッカーか、野球チームに所属するというパターンのようで、特に野球なんて、土日の早朝、つばの広いブカブカの帽子で目元のはっきり見え …

ママ友と子供のいじめ5 〜それでも集まりたい?〜

フェイドアウト   子供が生まれる前まで、本当に仲の良かった茜さんと暁美さんでしたが、子供が生まれてから、子供の成長とともに、子育てにおける考え方の違いから、どんどん距離が広がっていきました …

ママ友と子供のいじめ3 〜悪いのは常に相手の子〜

昔の友人が、お互いにママになって   とりあえず、自分の子供のことは置いといて、人様の子供のことをやたら悪く言う。 そんなママ友、いませんか? 茜さんにも、かつて、そういうお友達がいました。 …

冷えとり 子供とのつながり

こんにちは。 冷えとりコーディネーターの風茜です🍃 いつもたくさんのブログの中より、ご訪問頂きまして誠にありがとうございます。     このブログを読んでくださる方は、家族がいたり …

子育て論11 〜10歳までの子育て論まとめ〜

子供は大人をなめますよ   わたしは音に、小さい頃から口癖のように言っている言葉があります。 「音ちゃん、相手がどんな大人の人でも、大人を決してなめるような態度をとってはダメだよ。大人の人に …

子育て論10 〜親のあるべき姿〜

子供に陰口を決して叩かない   奥さんは、わたしがいないところで、音にわたしの悪口を決して言いません。   わたしは、奥さんのいないところで、音に奥さんの悪口を決して言いません。 …

子育て論9 〜勉強について〜

わたしの子供時代の反省から   わたしは父がものすごく怖かった。 高校の古典の教師だった父は、教育指導の専門家でもありました。水泳部の顧問としても全国大会に出場するほどで、いわゆるあの時代の …

子育て論8 〜体罰とスポーツについて〜

体罰について一言   体罰はよくない。とか、ガミガミ言うのはよくないとか、いろいろありますが、わたしの考えを申し上げます。 わたしは、小中学校の先生から何度も何度も体罰を受けました。 今でも …

子育て論7 〜約束と嘘と自慢と3〜

子供の大食いというクセ   小さい頃の音の最大の問題点は、 1、異常なまでの食欲 2、マンガの本を読み出したら止まらない   この二つでした。 この二つをどうすればよいのか? &n …

子育て論6 〜約束と嘘と自慢と2〜

自慢   自慢は、なぜ、いけないのでしょう?   自慢されて良い気持ちになりますか?   大勢の中で自慢している人を見て、「ステキ…」って、思いますか?   自 …

子育て論5 〜約束と嘘と自慢と1〜

約束   普通に会話ができて、親との”約束”ができる年齢になったとき、音と交わした約束事がありました。 今後、我が家の子育ては、この”約束事”をベースに全てが動いていくことになります。 それ …

子育て論4 〜暇な子は個性が育まれる〜寝る子は育つ〜

暇力が個性を育む   おもちゃを買い与えなかった理由はただ一つ。   暇力を養うためです。   奥さんは常々こう言っていました。 「子供には暇を与えることが大切だよ。なん …

無料メルマガ

『冷えとり100の声  無料メールマガジン』

ご登録いただいた方に、【冷えとりのお悩み100の声】のカタログ目録をプレゼントいたします。


メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須





ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

72人の購読者に加わりましょう

風茜のプロフィール


風茜のプロフィール

冷えとりコーディネーター。
大学卒業後、美術館学芸員を経て、不況、夫の大病のため、転職を8回経験する。仕事のストレスから体が冷え切っていて、ようやく30代後半で妊娠するも、冷えのため切迫早産しそうになる。子供のアトピーをきっかけに冷えとり健康法を知り、靴下2枚ばきから始める。ずっと体が弱く、入院、手術を繰り返していたが、冷えとりで体質が改善されて、健康を取り戻した。現在冷えとり歴10年目。どんどん体の毒出しが起こり、体の冷えがとれて思う通りの幸せな毎日を送ることができるようになった。現在、靴下8枚ばき、半身浴2時間、1年中湯たんぽをいれ、腹7分を心がけている。アラフィフを機に、冷えとりコーディネーターとして、冷えとりと人との間をつなぐ仕事をしたいと活動を決意。2015年6月より冷えとりブログを開始。
冷えとり歴11年まであと2018年7月1日
あと39日です。