レスキュー女子es

心と体の冷えとり_働く女性の悩み、主婦の問題、ママ友、嫁姑とのトラブルを解決する話  by風宏(心の冷えとり)&風茜(体の冷えとり)

05心の冷えとり

冷えとり 心の毒だし〜①逆算手帳との出会い

投稿日:


こんにちは。

冷えとりコーディネーターの風茜です。

いつもたくさんのブログの中よりご訪問いただきまして、誠にありがとうございます。

本日は、私の心の冷えとりでとても役に立ったものをご紹介したいと思います。

それは、手帳なんです!

どうぞご覧下さいませ。

逆算手帳

私がこの手帳と出会ったのは、9月の終わりのことでした。

会社員をやめて、冷えとりコーディネーターとして生きていこうと思い、さてどうしようか〜と思っていた時に、今まで無関心だったSNSをやってみることに!

ameblotwitterfacebookを始めました。
(お友達申請は大歓迎です。メッセージがあるとうれしいです)

ある日、facebookのタイムラインに3ヶ月ブログを更新するというグループに参加しませんか?という記事にを見つけました。

そこで知り合ったのが逆算手帳講師の菊川美紀さん。
(菊川さんのブログはこちらから。)

ブログを通じて、実際にお会いすることになり、いろいろお話しました。

そこで知ったのが逆算手帳。

 

GYAKUSAN planner(「逆算手帳」)は「こうありたい」を実現するために、ビジョンから逆算して計画を立てることに特化した手帳です。(逆算手帳HPより)

 

ただ予定を書くだけの手帳ではないんですね・・・

自分の未来の予定を書いていく手帳なんです。

実際、美紀さんのも見せてもらいました。

たくさん書き込まなければならないところもあり、

メンドくさがり屋の私には無理〜

今年の手帳はもう「ほぼ日」買ったし〜

と言い訳しました。

(しかし、ほぼ日も使えばいいと提案され、目からうろこでした。二冊使うという発想が私にはなかったのです。)

逆算手帳のなにがいいの?と尋ねてみたところ、

「とにかくいいのよ〜」

女子はこの言葉に弱いですね。

そして、美紀さんから、

「関東だったら、きむらあきらこさん(逆算手帳認定講師)に会うといいですよ」

と、教えてもらい、あきらこさんというお名前が頭に残りました。

それからの1ヶ月の間に美紀さんの次々と夢を叶えていく姿をみて、これは???と思うようになりました。

そこで手帳を購入。

我流で書き込んでいきました。

ところが、wish100がなかなか書けなかったのです・・・

そんなときに、知ったのはきむらあきらこさんの逆算手帳講座でした。

なんと、あきらこさんは、菊川美紀さんが主宰される3ヶ月ブログを更新するチャレンジ・シーズン2に参加されることになったのです・・・

なんというご縁なんでしょうか?

これはもう参加するしかないでしょう!

 

逆算手帳講座

11/12・19の土曜日に逆算手帳(A)の講座がありました。

この講座では、wishlist100、ライフヴィジョン、逆算プラン、10年逆算プランの完成を目指しました。

正直、現在、収入を断たれた私に10,000円の講座料はどうか?とも考えましたが、今では本当に参加してよかったと思っています。

だって、10,000円の投資で夢が叶うんですよ💕

お値段以上です!

それに、きむらあきらこさんは、本当に惜しみなくいろいろなことを教えてくださいました。

  • 文房具はどれがいいか
  • ペンの発色はどの色がいいか
  • コピーはどのコンビニの出力がきれいか
  • どうしたらlistを埋められるか

などなど・・・。

それになんといっても、褒め上手で、自分でこれでいいのかな?と思って不安なことでも、本当によくほめてくれるので、できる子になった気分がしてとても気持ちがいいんですね。

最初は100も埋められなかったヴィジョンがすべて埋められるようになったのも、ご指導のおかげです。

 

この講座は2週にわたって行われたので、次週までにライフヴィジョンを仕上げる宿題がでました。

イメージに合わせた画像を選び、貼ってくるというものです。

これ、できるかな〜

めんどうだな〜

と、最初は思いました。

ところが、あきらこさんから教わったとおりにやっていくとそんなに苦痛でもなく、画像を見つけるのがとても楽しくなってきました。

私の夢のイメージはどれ?

そう思っていちばんふさわしい画像を選ぶ作業は本当に楽しかったのです。

そして、その選んだ画像をきれいにプリントできるコンビニで出力し、切り貼りするのがとても楽しくなってきました。

私が選んだヴィジョンイメージ をライフヴィジョンにのりで貼って行きます。

 

そして、講座2回目には、同じテーブルに座ったグループ内でライフヴィジョンのプレゼンをしました。

これがすごく楽しかったです。

みんな素敵な夢を語り、楽しいことばかりでした。

聞いているうちに、なるほどこんな手もあったか〜と目からウロコなこともたくさん・・・

そして、収穫があったのは、夢を応援してもらえるということ。

私はたまたま子供が受験だったので、その学校のイメージヴィジョンを貼っていましたら、同グループに塾関係のお仕事をしている方や、昨年受験を体験した方がいたりして、いろいろなお話が聞けて、不安も解消できました。

こんなふうに夢を公開すると、応援してくれる人も現れるということを知ったのです。

ですから、次回のブログでは風茜のwishlist100を公開いたします!

そして、この講座の最後に、私のやりたいことのひとつをすでに実現されているきむらあきらこさんから、ご著書にサインをいただき帰宅しました。

 

私、本当にこんな感じの外見なんですよ♡

 

逆算手帳を書いていると、自分と向き合うことをしていきますので、心の毒もなくなっていくように思えました。

心の冷えとりにもとても効果がありました。

書けば書くほど、ワクワクする気持ちがアップしてくるのです!

次回のブログでは、いよいよ風茜のwishlist100を公開いたします。

お楽しみに!

 

 

冷えとりについて疑問がございましたら、ぜひお気軽に下記のフォームからご質問くださいね。

いろいろな症状が体を温めるだけで改善されます。

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

性別(必須)
 男性女性

年代(必須)
20代30代40代50代60代70代子供

冷えとりのお悩み(必須)
からだのめんげんこころのめんげん冷えとりのやり方冷えとり茶話会

冷えとりのお悩み&感想など

冷えとりは衣食住から。

インテリアブログ「あ☆カル〜イインテリア」も、どうぞご覧下さいませ。

こたつプロジェクトも作動中。




-05心の冷えとり
-, , , , , , , ,

執筆者:


  1. […] (*詳しくは、「冷えとり 心の毒だし〜①逆算手帳との出会い」もご覧下さいませ。) […]

  2. […] (*逆算手帳につきましては、詳しくは、「冷えとり 心の毒だし〜①逆算手帳との出会い」「冷えとり 心の毒だし〜②逆算手帳 風茜のwishlist100」も、ご覧下さいませ。) […]

関連記事

言葉にすることの大切さ2

友達もあなたの鏡 「人に優しく自分に厳しく」 なんて簡単に言いますが、実行に移すのはとても難しいことです。 なんせ人は、自分に対しては甘くても、友達に対しては、けっこうきちんとした立派なことを言ってい …

冷えとり 心の毒だし〜③逆算手帳 風茜のデイリー&ウィークリーに参加してみようと思った理由

こんにちは。 冷えとりコーディネーターの風茜です。 いつもたくさんのブログの中よりご訪問いただき、誠にありがとうございます。 冷えとりとは、進藤義晴先生の提唱の「頭寒足熱にして万病を治す」という健康法 …

冷えとり 冷えとりおはなし会5−5 心の毒はどのように?

こんにちは。 冷えとり歴7年生の風茜です🍃 いつもたくさんのブログの中より、ご訪問いただきありがとうございます。 前回までのお話では、冷えとりを行う中で、皆さんに起こったことを聞きながら、それはこうだ …

本当に難しいセクハラ問題1 〜姑息な男の姑息な戦略に負けるな!〜

セクハラは、いじめと同じで、なくならない     女性のみなさんにとっては、いまさら、釈迦に説法ですが、セクハラとは、なんなのでしょうか? セクシャルハラスメントとは、あくまで、「 …

女性の防犯対策1 〜間違った対処をしないために〜

女性が自分の身を守るために間違えてはならないこと   一週間ほど前のこと、時刻は平日の午後9時。 わたしは、ジーンズにTシャツという出で立ちで、自宅マンション目の前のコンビニへ買い物に行きま …

無料メルマガ

7d21d58af9984f9abae754f3450a97d7_s.jpg『冷えとり100の声  無料メールマガジン』

ご登録いただいた方に、【冷えとりのお悩み100の声】のカタログ目録をプレゼントいたします。


メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須





ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

55人の購読者に加わりましょう

風茜のプロフィール


風茜のプロフィール

冷えとりコーディネーター。
大学卒業後、美術館学芸員を経て、不況、夫の大病のため、転職を8回経験する。仕事のストレスから体が冷え切っていて、ようやく30代後半で妊娠するも、冷えのため切迫早産しそうになる。子供のアトピーをきっかけに冷えとり健康法を知り、靴下2枚ばきから始める。ずっと体が弱く、入院、手術を繰り返していたが、冷えとりで体質が改善されて、健康を取り戻した。現在冷えとり歴10年目。どんどん体の毒出しが起こり、体の冷えがとれて思う通りの幸せな毎日を送ることができるようになった。現在、靴下8枚ばき、半身浴2時間、1年中湯たんぽをいれ、腹7分を心がけている。アラフィフを機に、冷えとりコーディネーターとして、冷えとりと人との間をつなぐ仕事をしたいと活動を決意。2015年6月より冷えとりブログを開始。
冷えとり歴11年まであと2018年7月1日
あと163日です。