レスキュー女子es

心と体の冷えとり_働く女性の悩み、主婦の問題、ママ友、嫁姑とのトラブルを解決する話  by風宏(心の冷えとり)&風茜(体の冷えとり)

04-25土用の毒出し(消化器の毒出し) 04-26かゆい アトピー おなら お菓子 下痢 家族の冷えとり 股がかゆい 虫歯 鼻水

冷えとり 2017冬前の土用の毒だし④ようやく終わりへ

投稿日:


こんにちは。

冷えとり歴9年生の風茜です。

いつもたくさんのブログの中よりご訪問いただきまして、ありがとうございます。

2017年、冬前の土用の毒だしは、10月20日から11月6日までの18日間ありました。

この間は、消化器の毒だしがあるので、胃腸の具合が悪かったり、異常な食欲があることをお伝えしてきました。

(*詳しくは、「冷えとり 2017冬前の土用の毒出しプレ ① ②心配なら病院へ ③なぜか食べる機会が?」をご覧下さいませ。)

10月28日から11月1日は、なにかと甘いものやごちそうを食べる機会が多かったのは、毒は毒を持って制するということだということをお伝えしてきたのですが、さて、それは本当なのでしょうか?

それでは、どうぞ土用の毒だし最終回をご覧下さいませ。

 

土用の毒だし11月2日から11月6日まで

11月2日(土用の毒だし14日目)

前日、こってりとした天丼を食べた夫と子供は、

夫→お腹を壊す

子供→腕をかきまくる

という消化器の毒だしが早速始まりました。

前日から、お腹がきゅるっと痛かった私も天丼を食べていないのに下痢。

消化器の毒だしがやはりあるんですね・・・

 

11月3日(土用の毒だし15日目)

子供の歯の検診とクリーニングがあり、このところ、ずっと虫歯ができなかったので、よかったと思っていたのに、前歯の裏と奥歯のくぼみに小さな虫歯ができていました。

前歯は肝臓の毒だし、奥歯は大腸の毒だしです。

子供は、お酒も薬も飲まないので、脱ステロイドの毒(薬)が歯に出始めているのかもしれないなと思いました。

(*子供の脱ステロイドのお話につきましては、「冷えとり 脱ステロイドへの道」シリーズをご覧下さいませ。もう脱ステを始めて2年になりました。)

 

この日は、秋になるとどうしても食べたいと唯一私が希望する松茸を食べにでかけました。

やはり、消化器の毒だし期間には、なぜか食べる機会が多いですね。

この1年に1度のごちそうに満足感でいっぱいでした。

これを食べないと心の毒がたまるということでしたら、食べてしまって、またいちから冷えとりを強化したほうがいいと考えられるようになりました。

ぎちぎちの冷えとり野郎から、フレキシブルな冷えとりガールに変わったのも、冷えがとれてきたからなのでしょう。

 

11月4日(土用の毒だし16日目)

夫が土用の毒だし前に、吐き気に襲われたときに病院でみてもらい、ついでに健康診断をしました。

その結果がかえってきたのですが、なんと尿酸値が正常になりました。

夫は痛風で尿酸値がとても高く、それを下げる薬を飲み続けなければならなかったのですが、冷えとりを始めて薬を飲むのをやめてしまいました。

ひと月に一度は薬をもらいに行かなければならないのに、ここ2〜3年ずっと行っていなかったのを主治医からこっぴどく叱られたのですが、なんともう薬は本当に必要なくなっていました。

(*夫の痛風に関しましては、「 冷えとり 男のめんげん 夫の場合3〜痛風〜 」をご覧下さいませ。)

夫のように、悩んでいた症状がなくなるのも冷えとりの特徴です。

 

この日、私は珍しく食べ過ぎてしまいました。

中野にでかけたときに、学生時代を思い出し、B級グルメにチャレンジ。

明らかに食べ過ぎました。

私も冷えとりをして10年経つというのに、やはりこの消化器の毒出しの期間中には誤作動が起きて、食べ過ぎてしまうのですね。

おかげで、久しぶりに

  • 体が重い
  • 胃がもたれる
  • 異常な眠気

を、体感し、やはり食べ過ぎはいやだなと改めて思うことができました。

子供も、同じようにB級グルメを食べて、眠たくて、眠たくて仕方がなかったようです。

(思わず、塾での学習中にこっくりとしそうになったそうです。)

 

こんなふうに食べ過ぎると、臓器が休みたいと思って、眠らせたり、怪我をさせたり、口内炎や咽頭炎で口にものをいれるのがいやになるように仕向けてくるんですね。

 

11月5日(土用の毒だし17日目)

昨日の食べ過ぎで、夫は急激に体が冷えて、寒くてあまり眠れなかったのと、かゆみが猛烈に出てきました。

かゆいというのは皮膚からの毒です。

まだ体の表面にあるので出しやすいのでかいて、出してしまいましょう。

子供と私は、受験校の説明会で長時間拘束。

終了後、疲れすぎて何かを食べたくなり、お茶&ごはんを食べてしまいました。

ふだんは、気をつけているのに土用の毒だしの時に限って、やはり食べすぎてしまう・・・

食べて数時間後、子供の額にはすぐににきびができました。

やはり、子供の毒だしは早いですね。

 

11月6日(土用の毒だし最終日)

夫、眠たすぎて起きれず。

子供、起きるなり鼻水が大量に出る。

私、ものすごいおならが出る。下痢をする。

それぞれの症状がありました。

夫は昼ごはんで調整して、回復しましたが、私はやはり消化器の毒だしの期間に限って、食べる機会があり、食べてしまいました。

夜に調整したのですが、足先の冷えが、2時間半身浴をしてもなかなかとれませんでした。

まるで、氷水に足をつけているように寒かったのです。

このような冷えもあるということを、冷えとりおはなし会で聞いていましたが、初めての体験でした。

 

土用の毒だしの終わりに

今回の土用の毒だしでは、

◯冷えとり歴7年の夫

吐き気に悩まされる激しい消化器の毒だし

◯冷えとり歴9年の私&8年の子供

土用の毒だしの期間に限って、食べる機会がある

という毒だしが起こりました。

夫も私も、

食べ過ぎは本当に体が重くなる・・・
体調不良は不快・・・

という反省にいたりました。

子供も、食べ過ぎるとかゆくなる(アトピー)と気がつきました。

こんなふうに、めんげん(毒だし)を乗り越えていくと、少しづつ気づきと成長があるんですね。

引き続き、冷えとりをしていきたいと思います。

土用の毒だしシリーズを最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

冷えとり 2017冬前の土用の毒だし④ようやく終わりへのポイント

汗吐下(かんとげ)という言葉は、東洋医学の言葉ですが、

身体の表面にある毒は「汗」で出し、
身体にまだ入り込んでいない毒は、入れる前に「吐いて」出し、
身体に深く入り込んでしまった毒は「下して」出す

ということなんです。

消化器の毒はまさにこれなのですね。

冷えとりをしていると、病気が改善されることがあります。

  • 夫の場合は尿酸が下がり、薬はいらなくなった。
  • 私の場合は、激痛生理痛がなくなり、鎮痛剤がいらなくなった。
  • 子供の場合は、喘息発作が起こらなくなり、ステロイド吸入器がいらなくなった。

あんなに苦しかった症状が改善されるからこそ、私たち家族は冷えとりを続けているのです。

 

冷えとりは衣食住から。

インテリアブログ「あ☆カル〜イインテリア」もどうぞご覧下さいませ。

こたつプロジェクトも作動中。

皆様からのご意見、ご感想をお待ちしております。


-04-25土用の毒出し(消化器の毒出し), 04-26かゆい, アトピー, おなら, お菓子, 下痢, 家族の冷えとり, 股がかゆい, 虫歯, 鼻水
-, , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

冷えとり 2016年のクサい

こんにちは。 冷えとり歴8年生の風茜です🍃 いつもたくさんのブログの中より、ご訪問いだだきまして、本当にありがとうございます。 さて、今回は突然ですが、クサいについて。 以前、投稿した「冷えとり カユ …

子供がアトピーになった! 〜闘うアトピー6 親の決意が全て〜

すべての鍵は、親が方針を貫くこと   究極的には冷えとり健康法をやっていれば、医者や薬もいらず、インフルエンザなどの高熱でも半身浴のみで完治させることができる。 と、いう説も、冷えとり健康法 …

冷えとり 子供のアトピー11 脱ステロイドへの道⑧7か月目

こんにちは。 冷えとり歴8年生の風茜です🍃 いつもたくさんのブログの中よりご訪問いただき、まことにありがとうございます。 もうすぐ9月になりますね。 暑かった夏も秋へ突入。 (8月6日の立秋で心臓の毒 …

冷えとり 土用の毒出し・夏前の乱2

こんにちは。 冷えとり歴7年生の風茜です🍃 いつもたくさんのブログの中よりご訪問いただき、本当にありがとうございます。 さて、夏に向かう前の土用の毒出しが4月16日から5月4日までありました。 (*前 …

冷えとりとめんげん 虫歯4

こんにちは。 冷えとり歴7年生の風茜です❤ (この記事は過去の記事です。現在は冷えとり歴8年生ですが、大腸の毒出しが続いていて、それと関係のある虫歯についてを再考しております。)   読者の …

無料メルマガ

bnr_03.png

無料メルマガ
『恋も、お金も、健康も!
本当に望むものをすべて手に入れる
冷えとり健康法
8日間講座』

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須





風茜のプロフィール


風茜のプロフィール

冷えとりコーディネーター。
大学卒業後、美術館学芸員を経て、不況、夫の大病のため、転職を8回経験する。仕事のストレスから体が冷え切っていて、ようやく30代後半で妊娠するも、冷えのため切迫早産しそうになる。子供のアトピーをきっかけに冷えとり健康法を知り、靴下2枚ばきから始める。ずっと体が弱く、入院、手術を繰り返していたが、冷えとりで体質が改善されて、健康を取り戻した。現在冷えとり歴10年目。どんどん体の毒出しが起こり、体の冷えがとれて思う通りの幸せな毎日を送ることができるようになった。現在、靴下8枚ばき、半身浴2時間、1年中湯たんぽをいれ、腹7分を心がけている。アラフィフを機に、冷えとりコーディネーターとして、冷えとりと人との間をつなぐ仕事をしたいと活動を決意。2015年6月より冷えとりブログを開始。