レスキュー女子es

心と体の冷えとり_働く女性の悩み、主婦の問題、ママ友、嫁姑とのトラブルを解決する話  by風宏(心の冷えとり)&風茜(体の冷えとり)

01 インフォメーション 03 風宏の自己紹介 05心の冷えとり チキンハート

風宏の新しいブログ始めます!

投稿日:


みなさん、お久しぶりです。

 

風宏です。

 

新しいブログを始めます。

https://kazehiroshi.com/

 

 

それでも成功できる!  

チキンハートな毎日

チキンで弱虫で怠け者。そんな私でも、25年間記者として第一線で活躍できた。取材を通して身につけたコミュニケーション術、交渉術、処世術を自信の持てないメンズに届けるブログ。“臆病”を誇れる。“チキン”だからこそ成功者になれる!そんなお話

https://kazehiroshi.com/

 

 

チキンハートは男の特権

 

 

どうして「自信の持てないメンズ」のみなさんに読んでいただきたいのか?

その前に、チキンハートな女性に出会ったこと、あります?

わたしはない!

気が小さい。引っ込み思案な女性はたくさんいますよ。

でも、腹が据わっている

 

 

女性はそんな自分のことをよく知り、自分の身の丈をしっかりわきまえている。

だから、身の丈を超えることはしないし、身の丈以上のことをやらなければならないときは、しっかり心と体と身の回りの準備を整える。

 

落ち着いているんです。

 

それに比べて、男なんて〜のは、臆病なくせにすぐに虚勢を張りたがるし、見栄も張る。少しでも自分を大きく見せようとする。

だから力に頼りがち。

それが自分の成長を止めているとも知らずに。

ほんと、小さい・・・・。

だから、いつまでたってもフワフワ落ち着かない。

それが男です。

 

 

男 = チキンハート = 臆病者 = の代表であるわたし

 

「俺もいつまでもチキンハートなままだから出世できないんだ。こんなうだつの上がらない人生なんて・・・・ケッ!やーめたやーめた!」

なんてケツの穴の小さい。

ま、そうなんですけどね、チキンハートだし。

 

 

だからって、諦める必要は全くありません。

 

 

チキンハートでも出世できるし、虚勢を張らずとも、素のままの自分で人生を成功に導ける方法はいくらでもあるんですから。

 

その証拠に、過去の偉人や成功者と言われる人々の姿を思い描いてください。

 

彼らの中に“チキンハート”は一人もいなかったのか?

 

皆、ライオンハートだった?

 

どう猛な虎のようにオラオラ系ばかりでしたか?

 

とんでもない。

 

 

むしろ“チキンハート”の方が多いくらい。

 

徳川家康なんてその最右翼ではありませんか。

 

臆病で疑い深くて、さっさと尻尾を巻いて逃げる。

弱音を吐くし、人に頼りきり。

往生際が悪くて、潔くないし、権力に固執する。

 

 

でも、家康はそんな自分を過大評価せず、自分にすら疑いの目を向けて、常に重箱の隅をつついて、全てのマイナスを一つ一つクリアして、チキンなハートが少しでも安心できる世界を作り上げていきました。

 

後世の人々はそんな家康を、

何事にも慎重で、狡猾で、常に最高の決断を導きだすためには時には手段を選ばず、己を知り、己を隠さず、何事にも執念深く、諦めない。後身に莫大な遺産も教訓も残した英雄。

 

このように評価しました。

 

 

成功すれば、欠点も全て利点となり、悪評も好評となり、恥ずべき特性と思われていた自分の性分も、誇りと思えるようになるのです。

 

だから、わたしも自分の“チキン”を隠しもしないし、恥じてもいませんよ。

 

 

若い頃は、そんな自分の性格が嫌で嫌で仕方がありませんでしたが、今は、逆にこう思っています。

 

 

“チキンハート”は、確かに男の欠点かもしれませんが、

 

特権

 

でも、あるのだ!

 

喜べ!チキンハートな男たちよ!!!

 

 

 

かれこれ50年間、チキンハートな毎日を送ってまいりました。

チキンは、どんなに鍛えてもどんなに修羅場を経験しても、チキンはチキンです。

 

 

そんなチキンマイスターも、25年間フリーの記者としてやってきました。

それなりの実績もしっかり残してまいりました。

自負もあります。(ほら、すぐこうやって虚勢を張るでしょう?)

 

では、わたしが、どうして、競争の激しい世界でやってこれたのか?

 

チキンだからと諦めて、ただただ怯えて生きてきたわけではありません。

 

自分のチキンっぷりをしっかり自覚して、それなりの思考と努力を重ねて、

 

 

チキンだからこそ、成功できる法則

 

 

の、ようなものを確率させたのです。

 

その中身をこのブログでお話ししたいと思います。

 

 

社会の荒波を乗り越えてきたチキンハートな男の代表として、チキンハートだからこそ話せる数多のエピソードを語って参ります。

自らの身を守り、家族を養っていくために、考え、実践し、身に付けることのできた

 

初対面の交渉相手から必ず気に入られるコミュニケーション術

実は、飛び込み営業に使える、スクープ記者の交渉術 

先輩や上司から絶対に嫌われることのない処世術

気の弱さ、臆病が誇りと思える思考術

 

などなど。

 

 

「俺はなんてチキンなんだ〜」

と、未だお悩みのメンズのみなさんに、是非、生かしていただきたいと思い、このブログを始めさせていただいた次第でございます。

 

 

必ず、みなさんのお役に立てることをお約束します。(ただし、チキンなメンズ、チキンなメンズをパートナーにもつ女性の方限定)

 

どんなお話かと申しますと、例えば、表紙の写真の時なんて、まさにわたしがチキンだからこその結末を導き出せた好例の出来事だったように思います。

その話はまた次回に。

 

 

 

今後、無料メルマガの連載も始める予定です。

 

ただいま、準備中ですので、今しばらくお待ちください。

 

 

女性向けのビジネスコンサル、心の冷えとりコーチングも継続して行なっており、常時、クライアントさん申し込みを受け付けております。

http://cotatsu-projects.jp/

 

 

 

これからも、ブログ

 

それでも成功できる!  

チキンハートな毎日

チキンで弱虫で怠け者。そんな私でも、25年間記者として第一線で活躍できた。取材を通して身につけたコミュニケーション術、交渉術、処世術を自信の持てないメンズに届けるブログ。“臆病”を誇れる。“チキン”だからこそ成功者になれる!そんなお話

https://kazehiroshi.com/

 

どうぞ、よろしくお願いします!

 

 

最後まで、読んでくださってありがとうございました。

 

風宏

 


-01 インフォメーション, 03 風宏の自己紹介, 05心の冷えとり, チキンハート

執筆者:

関連記事

言葉にすることの大切さ3 ~嘘から出たまこと〜

嫌いな相手でも人として尊重だけはしたほうがいい   人は一人一人別の生き物。だから、違いを認めながら尊重することが大事 「そこまで考えないと、友達付き合いもできないの?かなり面倒くさくないで …

心をさらけ出せ!1 〜あなたは飛躍する〜 

まずは、自分の”心”を知る。   ”心”って、なんでしょう? 1、人が感じたり、考えたりする働き。精神。(例)心を入れかえる。 2、気持ち。思い。(例)心を打つ。 3、考え。意志。(例)心を …

言葉にすることの大切さ2

友達もあなたの鏡 「人に優しく自分に厳しく」 なんて簡単に言いますが、実行に移すのはとても難しいことです。 なんせ人は、自分に対しては甘くても、友達に対しては、けっこうきちんとした立派なことを言ってい …

マタハラを許すな!徹底抗戦! 〜非正規社員妊婦さんの育児休暇〜

非正規社員が妊娠=”自ら”会社を辞める の 法則 「高齢出産妊婦さんの苦悩2」で、少しだけ触れましたが、その当時、とある会社の非正規社員だった奥さんが妊娠をして、そのことを人事権を持つ男性上司に話した …

わたし風宏は、コーチングを始めます。

コーチングとは?   突然ですが、 わたし、風宏は、2月中旬より、コーチングを始めます。 コーチングとは、 「パフォーマンス向上のために、対話によって対象者を勇気づけ、”気づき”を引き出し、 …

無料メルマガ

bnr_03.png

無料メルマガ
『恋も、お金も、健康も!
本当に望むものをすべて手に入れる
冷えとり健康法
8日間講座』

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須





風茜のプロフィール


風茜のプロフィール

冷えとりコーディネーター。
大学卒業後、美術館学芸員を経て、不況、夫の大病のため、転職を8回経験する。仕事のストレスから体が冷え切っていて、ようやく30代後半で妊娠するも、冷えのため切迫早産しそうになる。子供のアトピーをきっかけに冷えとり健康法を知り、靴下2枚ばきから始める。ずっと体が弱く、入院、手術を繰り返していたが、冷えとりで体質が改善されて、健康を取り戻した。現在冷えとり歴10年目。どんどん体の毒出しが起こり、体の冷えがとれて思う通りの幸せな毎日を送ることができるようになった。現在、靴下8枚ばき、半身浴2時間、1年中湯たんぽをいれ、腹7分を心がけている。アラフィフを機に、冷えとりコーディネーターとして、冷えとりと人との間をつなぐ仕事をしたいと活動を決意。2015年6月より冷えとりブログを開始。