レスキュー女子es

心と体の冷えとり_働く女性の悩み、主婦の問題、ママ友、嫁姑とのトラブルを解決する話  by風宏(心の冷えとり)&風茜(体の冷えとり)

05-05ドクハラ 虫歯

冷えとりとめんげん 虫歯1

投稿日:2017年6月9日 更新日:


こんにちは。

冷えとり歴六年生の風茜です

(過去の記事を再アップしており、現在は冷えとり歴8年生です)

 

冷えとりを始めて、すぐに親指が痛くなり、爪が何度も生え変わったり

急性気管支炎というめんげんを体験したり

それと同時進行で大腸の具合をおかしくしたり

なんだかいろいろなところにがたがでてくるようになりました。

 

健康になろうと思って、やっているのに!

なんで不調になるんだろう?

そう思うことが何度もありました。

でも、不調が起こった後には、まるで嵐が過ぎ去ったかのような清々しさを感じられるようにもなったのも事実です。

 

呼吸器のめんげんの後には、6年間も気管支炎の発作は出なくなりました。

大腸のめんげんの後には、便の調子も戻って、水に浮く無臭のいい便がでるようになりました。

呼吸器も大腸も、においや痛みで異変がわかるようになり、

食べ過ぎをやめよう

身体を温めよう

と,思うようになりました。

 

このめんげんを乗り越えた後に、待ち構えていたかのように次に起こったのが虫歯のめんげんでした。

 

冷えとりと虫歯

 

虫歯がないという人は稀(まれ)かと思います。

私は小さい頃、母親の方針でお菓子をあまり食べさせてもらうことがなかったので、その反動なのか、お小遣いをもらうようになって、習い事に行くようになると、その行き帰りに、買い食いしてこっそりとお菓子を爆食いするようになりました。

塾に行く前、買い食いしたチョコ1枚を数分で平らげるなんて,日常茶飯事のことでした。

そのため、私の歯はいつも虫歯だらけでした。

8cf06e1a97f77b21839090faed1e5852_s

治しても治しても、お菓子を食べることをやめないので次から次へと虫歯になります。おかげで私の歯は銀歯だらけでした。(銀歯は保険が効いて安いのです)

虫歯になって、母に歯が痛いと言うと、

「また虫歯?あんたは本当に金食い虫だ」

と、ののしられる始末。

d58efc169797b2cd212393d86f86c4cd_s

私の子どもの頃は今と違って、治療は健康保険で無料ということはなく、費用がそれなりにかかったのです。子どもの数も多かったですからね。

また,今は歯医者は、コンビニの数ほどたくさんありますが、当時は近所には歯医者も一軒しかなく、ヤブ医者でもそこに行かなければなりませんでした。

歯医者はじっとできない子どもに、容赦なく乱暴でした。じっとできないとぶたれたり、椅子に縛りつけられたりしたのです(本当です)。今、歯医者もそんなことはしませんが、当時はそんな歯医者ばかりでした。

わたし世代のほとんどの人に、

歯医者=怖い

行くのが嫌だ(=虫歯悪化)

という刷り込みがあるのは、このせいだと私は思っています。

私は本当に歯医者がこわくて嫌で、虫歯もぎりぎりまで我慢して、母に歯が痛いと打ち明けた頃にはもう手遅れということが多く、深く削って、保険の効く銀歯を被せるか、神経を抜いてクラウン(神経を抜いた歯にカバーのように被せた義歯のこと)にするかということが多かったのです。

あまりに治療しても治療しても虫歯になるので、母もいろいろ調べて、治療が優しくてキチンと説明してくれる歯医者が東京にあると探してきました。

d4696eded0ed05ae33198a9f439dc05e_s

当時はドクハラもひどく、病因を聞くと医者は平気で「黙って来ればいいんだよ」と吐き捨てるように言うだけで、説明してくれさえもしない時代です。

東京の歯医者に行くようになって、初めて、きちんと治療法について説明してもらえたり、歯の治療が怖くないと思ったことを覚えています。まだ歯科医が歯石も歯のクリーニングもやってくれていた時代のことです。

この虫歯は、明らかに甘いものの食べ過ぎでできていたものと自覚がありましたが、東京の歯医者でもう一つ要因があることがわかりました。私は顔が異常に小さくあごも尖っていて、そのため歯並びが汚く、きちんと磨けていなかったというのです。

歯の磨き方も教えてくれました。

歯を磨く=歯をこする

ということは毒をとることなのです。皮膚がかゆいときかくのと同じ感覚といったらわかるでしょうか?

その当時の私が知っていれば、もっときちんとやったでしょうに、残念でなりません。

5a28ab405121ba552f00a19b7c06f3a6_s

歯は子どもの頃からつい最近までずっと悪いままでした。大人になるにつれて、忙しさにかまけて、歯医者からだんだん足が遠のき、検診や歯石クリーニングすら行かなくなって、気がつくと10年経っていました。

 

歯の異常

 

歯が痛くならないのだから、虫歯ではないと私はずっと思っていました。

咳のめんげんが出ていた頃、咳のために睡眠が邪魔されるので飴をなめたまま寝ていたことがありました。(こうすると、唾液が少しずつ出て、喉が潤い、咳がでなかったのです)

そんなことを半年続けていると、さすがに糖分で虫歯ができるのではないかと心配になってきました。

ある日、鏡を見てみると、明らかに歯の根元部分が黒く変色しています。年をとって、歯茎がやせてきて、歯の根元部分も現れているようです。

虫歯かもしれない。

ふと,そう思い、10年ぶりに歯医者に予約をとりました。当時の先生はまだ健在でしたが、ずいぶん年をとられていました。まだ歯石もクリーニングも先生が処置されていました。

「ただ黒くなっているだけで虫歯ではないですよ」

と、先生は言いましたが、5ミリくらい黒ずんでいて痛くないけれど、私には虫歯としか思えませんでした。

(まあ、小さい頃から通っている歯医者だし・・・・、その先生が虫歯ではないと言っているのだから。)

そう思ってしまったのです。

ところがこの歯が、のちのち大きな問題を引き起こすことになったのです。そうこうしているうちに本当に歯にお湯がしみるようになってきました。

また、その歯医者に行って、

「この黒ずみは虫歯ではないですか?お湯もしみますけど。」

と,尋ねますと、

「虫歯ではありません。しみるのは歯茎がやせて、今まで歯茎に隠れていた根元が刺激されてそう感じるのです。知覚過敏ですね。」

の一点張りです。

私は途方に暮れてしまいました。

6f68bb2c78d0899276ac527f7f7d5565_s

転院

 

そうこうしているうちに、お湯がしみるようになってきて、さすがの私もこれはなんとかしなければならないだろうと思い始めてきました。

小さい頃からの行きつけの歯医者に行っている限り、虫歯ではないと言われるのだから、そこで治療をしてもらうことは不可能です。

だったら?

転院するしかありません。

でもここまでされても転院は気が進みませんでした。

どうして、人は転院をいやがるのでしょうか?

◯新しいところを探すのが面倒くさい

◯今まで通っていてデータもそこにあるし、また病状を説明するのもおっくうだ

◯ずっと通っていたお医者さんを裏切るような気がして気が進まない

というのが理由でしょうか?

とにかく治療をしてくれないのなら、探すしかありません。

ネットの書き込みやママ友の口コミを参考に私が探したのは、近所の歯医者でした。

近所の歯医者はヤブ医者が多かったというのが私の小さい頃の体験で、できるだけ東京の病院がいいと思い込んでいましたが、結局,治療となると毎週毎週通わなければなりません。そう考えたときに、通いやすい近所が一番でしょう。それに昔と違って東京でなければ技術が最新ではないなんてこともないでしょう。

ネットの書き込み、ママ友の口コミから、まず子どもを通わせてみて歯医者の雰囲気を確かめた上で転院しました。

転院の決めては、

医療設備が最新である

ホームページに詳細がきちんと説明されて掲載されている

聞いた疑問に対してきちんと答えてくれる

土日診療をしている

電話の対応がいい(これはものすごく大事です)

でした。

転院して驚いたのが、医療設備の新しさとスタッフの分業化でした。

転院先は歯科衛生士がいて、この方たちが歯石をとったり、クリーニングをしてくれます。使用するのもレーザーで汚れをとったりという最新のものでした。それに転院する前の病院は先生が歯石をとってくれたのですが、血まみれになりました。ここでは血まみれになることなんてありませんでした。

歯科医は歯の治療のみ行います。

また矯正は専門医がいましたし、インプラントも専門医が行っていました。

私が歯医者に行かなかったこの10年で、ものすごくシステムが変わっていたのです。

e2d2a0ed70ee115666ed69b713df8fa9_s

 

冷えとりとめんげん 虫歯1のポイント

1 

医者が怒る場面でもないのに怒ったり,威圧的になるのは、

明らかになにかおかしなことを指摘され、それを隠すためです。

いい医者は決して怒らず、どんな細かい質問にも答えてくれます。

2 

なかなか病院を変えるのはおっくうだとは思いますが、

その病院に対して疑問があれば変えた方が正解です。

来院した当時はいい医者であったとしても、人も物事も変わりますし、 

あなたの身体をゆだねるところはあなたの納得できるところにしましょう。

3 

昔は医者は神様で絶対的な存在で、その知識も医者にしかわからないことが

多かったと思います。今は違います。

あなたがおかしいと思ったことはすぐにインターネットで調べることだってできます。

 

冷えとりは衣食住から。

インテリアブログ『あ☆カル〜イインテリア」もどうぞご覧下さいませ。

こたつプロジェクトも作動中。

皆様からのご意見、ご感想をお待ちしております。

お問い合わせ先

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 


-05-05ドクハラ, 虫歯
-, , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


  1. […] 前回お届けした「冷えとりとめんげん 虫歯1」(http://rescue-joshies.com/2015/07/10/hietoriblog12/)で、自分自身は虫歯と感じていたのに、かかりつけの歯科医の先生は、虫歯ではないと言い張ったことを書きました。 […]

  2. […] 虫歯1http://rescue-joshies.com/2015/07/10/hietoriblog12/ […]

  3. […] 「冷えとりとめんげん 虫歯1http://rescue-joshies.com/2015/07/10/hietoriblog12/ […]

  4. […] 虫歯1http://rescue-joshies.com/2015/07/10/hietoriblog12/ […]

  5. […] 虫歯1http://rescue-joshies.com/2015/07/10/hietoriblog12/ […]

  6. […] 虫歯1http://rescue-joshies.com/2015/07/10/hietoriblog12/ […]

  7. […] (歯にかぶせてあるものが取れる場合は、ここから毒を出そうとするので取れてしまうので、治療しない方がいいと進藤先生の著書にも書かれていました。治療すると、隣の歯から毒を出そうとして、虫歯になる場合もあるそうです。*歯のことにつきましては、以前私が体験したことがあるますので、ご参考にご覧いただければ幸いです。「冷えとりとめんげん 虫歯1 2 3 4 5 6 7 8〜終わりに〜 」をご覧くださいませ。) […]

  8. […] (*詳細につきましては、「冷えとり 虫歯1 2 3 4 5 6 7 8 終わりに 」をご覧くださいませ。) […]

  9. […] (*詳しくは、「冷えとりとめんげん 病歴から探ってみよう」「冷えとりとめんげん 虫歯1」シリーズをご覧くださいませ。) […]

  10. […] 前回の「冷えとりとめんげん 虫歯1」に引き続いて、これから、2年にわたって続いた虫歯のめんげんについて、お伝えしていこうと思います。 […]

  11. […] 「冷えとりとめんげん 虫歯1 2 3 4 」をごらんくださいませ。 […]

  12. […] 「冷えとりとめんげん 虫歯1 2 3 4 5 」をご覧ください。 […]

  13. […] 「冷えとりとめんげん虫歯1 2 3 4 5 6 」をご覧くださいませ。 […]

  14. […] 「冷えとりとめんげん 虫歯1 2 3 4 5 6 7 」をご覧下さいませ。 […]

  15. […] (*歯の治療についてのブログはこちらをご覧ください。) […]

  16. […] (*詳しくは、「冷えとりとめんげん 虫歯1 シリーズをご覧下さいませ。) […]

関連記事

冷えとりとめんげん 1歯茎の治療への道 治療法の悩み

こんにちは。 冷えとり歴9年生の風茜です。 いつもたくさんのブログの中より、ご訪問いただきましてありがとうございます。 しばらくめんげんについて書いておりませんでした。 めんげんがないから書かなかった …

冷えとり 子供のアトピー1 アレルギー

こんにちは。 冷えとり歴8年生の風茜です🍃 いつもたくさんのブログの中よりご訪問いただきまして、ありがとうございます。 今回からは子供のアトピーのお話です。 うちの子どもは現在一切の塗り薬(ステロイド …

冷えとりとめんげん 虫歯5

こんにちは。 冷えとり歴7年生の風茜です❤ (この記事は過去のものです。現在は冷えとり歴8年生になりましたが、大腸の毒がでており、それを検証するために虫歯について、振り返っております)   …

冷えとりとめんげん 虫歯3

こんにちは。 この7月15日で冷えとり歴7年生になりました風茜です❤ これからも末永くよろしくお願いいたします。 (この記事は以前の記事をアップしております。現在は冷えとり歴8年生です。現在大腸の毒出 …

冷えとり 冷えとりしなかったときの妊娠4

こんにちは。 冷えとり歴7年生の風茜です❤ いつもブログにご訪問いただきありがとうございます。   さて、前回までのお話は、無事妊娠を果たした私が、妊娠は楽勝だと軽視したとたんに、つわりに苦 …

無料メルマガ

bnr_03.png

無料メルマガ
『恋も、お金も、健康も!
本当に望むものをすべて手に入れる
冷えとり健康法
8日間講座』

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須





風茜のプロフィール


風茜のプロフィール

冷えとりコーディネーター。
大学卒業後、美術館学芸員を経て、不況、夫の大病のため、転職を8回経験する。仕事のストレスから体が冷え切っていて、ようやく30代後半で妊娠するも、冷えのため切迫早産しそうになる。子供のアトピーをきっかけに冷えとり健康法を知り、靴下2枚ばきから始める。ずっと体が弱く、入院、手術を繰り返していたが、冷えとりで体質が改善されて、健康を取り戻した。現在冷えとり歴10年目。どんどん体の毒出しが起こり、体の冷えがとれて思う通りの幸せな毎日を送ることができるようになった。現在、靴下8枚ばき、半身浴2時間、1年中湯たんぽをいれ、腹7分を心がけている。アラフィフを機に、冷えとりコーディネーターとして、冷えとりと人との間をつなぐ仕事をしたいと活動を決意。2015年6月より冷えとりブログを開始。