レスキュー女子es

心と体の冷えとり_働く女性の悩み、主婦の問題、ママ友、嫁姑とのトラブルを解決する話  by風宏(心の冷えとり)&風茜(体の冷えとり)

コミュニケーションスクール

頑張ってる感が出ている(を出している)状態になっていませんか?

投稿日:2017年2月11日 更新日:


頑張ってる感とは?

 

頑張っている状態と、頑張ってる感が出ている状態は全く違います。

 

そもそも、

頑張れば頑張っただけ成果が上がる人というのは、

 

頑張っている状態=集中力が持続している状態

 

ということが言えます。

 

つまり、頑張っている状態とは、

 

本人がその状態を俯瞰したり、評価したり、意識すらしていない状態。

 

ゾーンに入っている状態。

 

なのです。

 

それに対し、

頑張ってる感が出ている状態=集中していない状態

なのです。

 

つまり、

余裕のない状態。

 

だったり、

 

能力のキャパを完全に超えている状態。(そのことに気づいてない。もしくは気づいていても修正できない)

 

ということがいえるでしょう。

 

そして、もっと成果が上がってないのは、

頑張ってる感を出している状態=意識があっちの方向を向いている状態

 

になっているから。

 

つまり、

 

「頑張ってる自分」というところにだけ意識が向いている状態。

 

だったり、

 

そんな自分を身近な人にアピールすることを目的としている状態。

 

どうですか?

 

頑張っている時のあなたは、どの状態が一番多いですか?

 

 

”たま”には甘えるのも悪くない

 

「これから何か新しいことをやろう」

「転職しよう」

「新しいプロジェクトを立ち上げよう」

だけじゃなく、

「よし!明日からカレができるように苦手な合コンにも出るぞ!」

とか、

「明日から、毎朝5キロウォーキングするぞ!」

とか、

「一月に10冊読書するぞ!」

「資格取得の勉強を始めるぞ!」

 

”頑張る”きっかけは、ある決断をするたびに訪れます。

今までやってこなかったこと、慣れないことにチャレンジする時は、ほぼ”頑張らなければならない”ので、

最初こそ、頑張っている自分を意識したり、頑張っている自分を人に見せたくなったり、応援してもらいたいという気持ちになるのは普通のことです。つまり承認要求ですね。

「それにチャレンジすることは素晴らしいことだよ」

「うん。向いてると思う」

「あなたならできるよ。大丈夫」

そういう言葉をもらうことによって不安感を払拭したい。

誰だって背中を押してもらいたい。

普通のことです。

 

でも、どんなにやっても、いつまでも「応援してほしい」「見てほしい」そういう状態が続くようでは、なかなか成果は上がりません。

 

なぜなら、そちらの意識が続いている限り、集中を欠いているということですから。

どこかで、承認要求を断ち切らないと、

結果、頑張っている感を出しているだけの人になってしまいます。

 

 

そんな意識すら忘れて、ただただ没頭する。

そういう状態にどれだけ早い段階で入り込めるか?

 

 

それがものすごく大事なんですね。

その状態を、

「ゾーンに入る」

というのですが、

だからと言って、人間そんなにいつもゾーンに入ったままの状態では入られませんから、

たまには、

「こんなに頑張っている自分を褒めてあげたい」

だとか、

「こんなに頑張っている自分のことをちゃんと見て欲しい」

とか、

「たまには『頑張ってるね』と、言って欲しい」

とか、甘えたくなるのです。

でも、それも「たまには」であることが大事。

いつもいつもでは、いつまでたっても成果は上がりません。

 

正直、わたしは自分にかなり甘い。だから、簡単にそんな状態に陥ります。

どんなに頑張っても、それが成果に繋がってないと感じた時は、

「こんなのいくら頑張っても無駄だよ!」

と、同僚に愚痴りながら暗に自分の頑張りをアピールする。

今日の仕事はものすごく頑張ったから、自分にご褒美をあげるという言い訳をしながら、しこたまお酒を飲んでしまう。

これ、”頑張るあるある”

ですよね。

 

でも、そんな時、同時にこうも思っているのです。

 

「愚痴ってる限り、成果なんか上がらないだろうな〜。ていうか、愚痴ってるから成果が上がらないんだよな、きっと。下手したら、愚痴りたいから頑張ってるフリしているだけなんじゃないの?自分」

 

「いちいち自分で自分にご褒美をあげないとできない仕事って、それって自分に向いてないってことなんじゃないの?」

 

「頑張った後にお酒を飲まないでいられるようになったら、本当の意味での頑張りの成果が出てくるような気がする・・・」

こういうことに気がついて、しっかりそこで立ち止まることが大切なんだろうな〜と思うのです。当然、立ち止まるだけではダメで、思った方向に進めなければ意味はありませんが。

 

じゃあ、進むために具体的にどうしているか?

 

奥さん(家族)や仕事仲間にフィードバックしてもらいます。

 

「今のわたしの状態で、ちゃんと成果を上げられると思う?」

 

そう聞きます。

 

奥さん「いや、いかにも頑張っている感が出てる。」

わたし「え?出てる?」

奥さん「出まくってるよ。だだ漏れだよ。気づいてないの?」

わたし「全然わからない」

奥さん「すごく自己主張してくるよ。だいたいあなたが自己主張してる時ってダメなのよ。俺、頑張ってる〜って。ほんとはやりたくないんでしょう?」

わたし「わかる?」

奥さん「わかるよ」

わたし「じゃあどうすればいいと思う?」

奥さん「やめれば。今はやっても意味ないし。少し時間をおいてみるといいかも。全然違うことをするとか・・・」

わたし「そうか〜。今やっても意味ないか〜」

 

こんな感じです。

で、思い切ってやめてみる。でも、そこでやめてみて、もっと悪い状態になってしまっても「奥さんのせいだ!」なんて言ってたらなんの意味もないので、そこは自分の責任としてしっかり受け止める。

で、また、別の方法を二人で考える。

 

 

カッコいい人とカッコつけてる人の違いは?

 

「カッコいいな〜」と思っている人と、「カッコつけてるけどカッコよくないな」と思っている人の決定的な違い。

なんでしょうか?

と、問われるまでもなく、全く違いますよね。

 

つまり、

 

知らぬは本人ばかり。

 

で、本人以外の人は皆が気づいてる。

 

そういうことなのです。

 

例えば、わたしの場合は、こういう現場に遭遇した時によく感じています。

街を歩いていて、前方からスタイル抜群の女性が歩いてきました。

顔も髪型もメイクもファッションもスタイルも、全て完璧。

「フェ〜、あのひとかっこいいな〜」

そう思いながら見ていると、その女性はショーウィンドウに映る自分にさっと目をやって全身をチェックするように目線を動かして、最後に、口角を上げてキメ顔を作りました。

「うわ〜、カッコつけてる」

そう感じた瞬間、「かっこいいな〜」というわたしの中の羨望の眼差しは完全に消え失せました。そして、

「カッコつけるならを見せるなよ。ダサいよ〜」

そう思ってしまうのです。

もちろん、男性に対しても同じです。

 

知らぬは本人ばかり。でも、周りはみんな気づいている。

 

人は、人のことを見た目だけでは、心から、「かっこいいな〜」とは、思わないものなのです。

 

でも、芸能人はかっこいいと思う。

ですよね。

 

でもね、そのかっこいい芸能人のことをよく思い出してください。

 

あなたはその芸能人の見た目が好きという理由だけで好きなのですか?

 

確かに最初は、「見た目がタイプ」から入ったかもしれないけれど、仕草や話し方、その内容、バックグラウンド、その人の夢などに共感していったからではないでしょうか?

「見た目」プラス、目に見えないその人の内面に強く惹かれたからではありませんか?

 

 

わたしはマスコミ業界に長くいて、たくさんの芸能人とお話をさせていただいたのですが、やはりテレビで活躍されておられる方というのは、テレビでは見せていない部分もやっぱりかっこいいんです。

「かっこいいんだけど、なんかイマイチなんだよね」

事実、そう感じる芸能人もたくさんいるでしょう?

テレビというのは、恐ろしいくらい真実を映していますから。

もちろん、ドラマや映画ではわかりませんよ。トーク番組やバラエティに出ている姿は、とても真実に近いと思いますよ。

 

俳優さんや綺麗な女優さんがわざわざバラエティ番組に出て素をさらけ出す。最近では番宣で出るにしても、ただただ女優然と座っているだけでは視聴者は満足しません。ていうか、バラエティ番組でも女優然としていたらなんだか白けるでしょう。

でも、ドラマでは颯爽としている女優さんがものすごく親父ギャグを連発する人だったり(例えば天海祐希さんのように)、可愛い女の子の役ばかりをやっている女優さんがものすごく男性っぽかったりすると、もっともっとその女優さんに魅力を感じますよね。

つまり、そういうギャップのある人やたまに見せる隙に愛嬌を感じたら、ますますかっこいいと思う。

今の「かっこいい」って、そういう傾向があると思うのです。

で、

「カッコつけてる」のに、「カッコよくない」人っていうのは、

「隙」をうまく見せることができてないんですね。

おそらく、この「隙」こそが人を魅力的に見せるアイテムだということに気づいてない。

だから、ダサい。

 

この世に「隙」のない人間なんていません。
この世に「隙」を隠し通せる人間なんていません。

 

なのに、隠そう隠そうとするから、見えてしまった時に、その「隙」が、人には「愛嬌」ではなくて、「醜態」に見えてしまうのです。

 

真実を隠そうとする部分は必ず透けて見えてしまいます。

どんなにカッコつけていても、どんなに頑張っている感を出しても、見抜かれるんです。

知らぬは本人ばかりなんです。

 

本当に自分は頑張れているのかどうか?

本当は自分は案外、頑張ってなどいないのではないか?

頑張っているつもりが、頑張っている感を出しているだけだったのではないか?

成果が上がらないのは、目的と行動が一致してないからなのではないか?

 

もし、そういう意識に気づいたら、勇気を出してあなたのことをよく知っている人に聞いてみてはいかがですか?

 

「わたし、本当に頑張ってるのかな?」

 

周りはたいていの場合、本当のことを言ってはくれない

 

ただ、単純にそのように聞いたところで、周りは本当のことを言ってはくれないでしょう。

なんども言いますが、周りはほぼ間違いなく、あなたが本当に頑張っているのか、ただ頑張っている感を出しているだけなのか、わかっています。

わかっているだけに、頑張っている感を出している人には本当のことを言えないのです。

なぜなら、そこを指摘されて、

「ありがとう!」

と、言える人はほとんどいないから。

頼んでもいないのに、

「その頑張っている感、全然意味ないよ」

そう言われて感謝する人はほとんどいないし、それを平気で言う神経もどうかと言われた側は思いますよね。

仮に上司からそう言われても、「はい、わかりました!」と、素直に応じようにも、どう応じたら良いかわからないくなります。

だって、

頑張り方がわからなくなっているのですから。

 

 

「じゃあ、結局、どうすれば、純粋に頑張れるようになるんだよ!」

知りたいのはそこですよね。

 

 

目的と行動を一致させる

 

目的と行動を一致させる。

 

これに尽きます。

 

では、そのためには何を知り、どう行動すればよいのか?

それは次回書くとして、

 

「頑張り感を出してしまう自分を変えたい」

そう思っている方は、

まずはそんな自分のことを知って、

自分から信頼の置ける人にそんな自分を変えたいのだと言うことをきちんと話して、

事実、自分はどうなのか?

端から見て、「頑張り感を出してしまっているのか?」を聞いて、

「それはどんな時か?」

「じゃあ、どうすればいいと思う?」

そう言う質問をしてみるといいと思います。

そして、

そういう質問に対しては、友人、知人は必ず真摯に向き合ってくれます。

いつも冗談しか言い合わないような相手でも、真剣にあなたのことを考えてくれるでしょう。

なぜなら、その質問には、

あなたの本気が現れるからです。

 

「自分の本当の今の状態を知りたい」

と、願うあなたの本気が相手に伝わるからです。

 

 

それほど、自分のことを晒すのは難しいのです。

 

それほど、自分のことを知るというのは、大変なことなのです。

 

 

自分ほど厄介な生き物はいません。

 

まずは、そのことを知ることです。


-コミュニケーションスクール
-, , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

離婚について6 ~円満~

円満離婚って何?   夫の暴力から逃れるために離婚を決意する。 子供のために離婚を決意する。 もう一度、自分の人生をやり直すために離婚を決意する。 他に好きな人ができたから離婚する。 離婚理 …

彼女の問題点はどこに?

 自分を変えることへの期待と不安 「就職はしたが、充実感が得られない。出世の可能性も感じられない。会社が苦痛だ。結婚の予定もない。これからの先行きに不安を感じている」 「結婚して子供はいるが、毎日の育 …

育メンの育児ノイローゼ2 ~紙一重~

育児ノイローゼの下地はできていた。   娘の音の夜泣きは、最初からではありませんでした。 生後、1、2週間は本当に大人しくて、まず泣きませんでした。それは、お腹が減っても眠たくなってもオシッ …

囚われの身 〜母と娘の相互依存〜1

年老いた両親の介護のために独身を貫いている中年世代の男性女性がたくさんいます。 わたしや茜さんの周りにも、そういった方々は本当にたくさんいます。 多くの方々が経済的にも追い込まれ、二進も三進もいかなく …

no image

”できない女”のスパイラル 〜結婚できない女2〜

考えるより、行動が大事 な、ときもある   考えるより、行動することが大事   人生には、そんな場面がいくつもあります。その最たる場面は、 ”地震”や”竜巻”、”豪雨”といった自然 …

無料メルマガ

bnr_03.png

無料メルマガ
『恋も、お金も、健康も!
本当に望むものをすべて手に入れる
冷えとり健康法
8日間講座』

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須





風茜のプロフィール


風茜のプロフィール

冷えとりコーディネーター。
大学卒業後、美術館学芸員を経て、不況、夫の大病のため、転職を8回経験する。仕事のストレスから体が冷え切っていて、ようやく30代後半で妊娠するも、冷えのため切迫早産しそうになる。子供のアトピーをきっかけに冷えとり健康法を知り、靴下2枚ばきから始める。ずっと体が弱く、入院、手術を繰り返していたが、冷えとりで体質が改善されて、健康を取り戻した。現在冷えとり歴10年目。どんどん体の毒出しが起こり、体の冷えがとれて思う通りの幸せな毎日を送ることができるようになった。現在、靴下8枚ばき、半身浴2時間、1年中湯たんぽをいれ、腹7分を心がけている。アラフィフを機に、冷えとりコーディネーターとして、冷えとりと人との間をつなぐ仕事をしたいと活動を決意。2015年6月より冷えとりブログを開始。