レスキュー女子es

心と体の冷えとり_働く女性の悩み、主婦の問題、ママ友、嫁姑とのトラブルを解決する話  by風宏(心の冷えとり)&風茜(体の冷えとり)

05-23育児 コミュニケーションスクール

子育て論7 〜約束と嘘と自慢と3〜

投稿日:2016年11月23日 更新日:


子供の大食いというクセ

 

小さい頃の音の最大の問題点は、

1、異常なまでの食欲

2、マンガの本を読み出したら止まらない

 

この二つでした。

この二つをどうすればよいのか?

 

特に、異常な食欲に関しては、本当に悩みました。わたしも奥さんも食が細いので、たくさん食べる人間の食事の量を減らす方法がわからなかったのです。

だからと言って、食べさせないようにすると、その時は、我慢しても、大きくなったときの反動が怖い。

 

大人になって、大食いがやめられないという人の子供のころのエピソードを聞くと、

「子供の頃にケーキを食べさせてもらえなかったから、一人暮らしをするようになってからドカ食いするようになった」

とか、

「子供の頃から一晩中、お菓子を食べながらゲームをするのが夢だった。やりだすと止まらなくなった」

なんて、話をよく聞きます。

 

だから、本人が食べたいものを、食べさせないというのもどうかな?と…。

 

音をとめる。そのことを躊躇させた理由がもう一つありました。

それは、

いくら食べても、太らない。

健康診断では、常に、「痩せすぎ」。

保育園の担当医にいくら食べている量を言っても信じてもらえない。

では、なぜ太らないのか?

食べたらすぐに全部出てしまうから。

全部、出てしまうんです。しかも、立派な健康的な便として。

こうなったら、ほとんどギャル曽根です。

だから、幸せそうな顔をして食べる音ちゃんに、

「もうこれで終わり」

とは、言えなかったのです。

でも、やめられるきっかけはちゃんと訪れるものです。

このたった一度の出来事で、音のバカ食いは、簡単に治ったのです。

 

食べ物は飲み物

 

ac2287f4f2d1039c26cc13fd8756104f_m

離乳食は飲み物でちゅ

 

音は、食い意地の張った子どもです。

それは、生まれたときからズーッとです。

「あなたの前世飢えて死んだ人なのね〜」

奥さんがしみじみとそうつぶやくくらい、音ちゃんは食べ物に目がない。

ママの乳首からはおっぱいを全然飲まないのに、哺乳瓶に移すと猛烈に飲み始める。最初は、なぜ、そうなのかわかりませんでした。

成長に従ってわかってきたことは、

食い意地が異常に張っている。と、いうことでした。

だから、楽をしてすぐにお腹いっぱいになりたい。

離乳食になると、普通の幼児は、食べ物で遊んで、手足顔じゅうをベトベトにしてスプーンをスコップに、まるで雪かきのようにポイッポイッとそこらへんに食べ物を放り投げるから、毎食の格闘でヘトヘトになります。

でも、音は、ネコ真っしぐらよろしく、わき目も振らず、スプーンを口の中に掻き込みます。しかも、どうもまったく噛んでない。離乳食は、半分液体だから、ゴクゴク飲み込むわけです。

カレーは食べ物か飲み物か?

と、いう議論が人気ですが、音の場合は、

離乳食は食べ物か飲み物か?

「飲み物でちゅ❤️』

 

「モグモグモグ。ほら、こうやってゆっくり噛むんだよ。モグモグモグ」

ゴックンッと飲み込んでからモグモグモグ…。

「ちがうちがう!お口に入れたらモグモグモグ。そしてゴックンッ」

ゴックンッと飲み込んでからモグモグモグ…、そして、ゴックンッのふり。

「……。いや、だから〜」

 

結局、保育園でも、いくら保育士さんが指導しても治らず、お友達が残したおかずまで平らげる。たまにおやつが出てくると、叱られるとわかっていても、真っ先に手を伸ばし口に入るだけ入れてしまう。リスのように。いや、サルのように。

 

離乳食も終わり、いろいろな料理に挑戦する歳になると、彼女はまさに大食漢の呼び名にふさわしい、大食い幼児となっていたのです。

 

3歳当時の音ちゃんの大食漢エピソード。

 

 

たとえば、デリバリーのピザを一人で一枚平らげます。ただし、それは、サルバトーレの『D.O.Cドック』というチェリートマトと水牛のモッツァレラを使ったマルゲリータピザのみ。これ、おいしいけど、めっちゃ高い!他のメニューや他店のデリバリーだと一切食べない。匂いを嗅いだだけで食べない。

初めてこのピザを食べた時、奥さんの実家から親や妹夫婦が来たので、奮発して注文してしまったんです。それが、運のつきでした。以来、音は、ピザというと、これしか食べない。しかも、一人で1枚3歳児!

 

「みんなで分けるから一人で食べるのはダメ!」

と、言っても絶対に譲らない。

「そこまで言うなら全部食べてみな」

そういうと、ペロリと全部食べてしまう。

ラーメン屋さんでの普通の1杯も一人で平らげます。で、シンプルな醤油ラーメンしか食べない。

もちろんチャーハンも。シンプルな普通のチャーハンのみ。エビやカニも大好きなのに、エビチャーハンやカニチャーハンだとまったく食べない。

ハンバーグは必ず、フレッシュネスバーガーのチーズハンバーグとポテトのセットで決まり。で、足りないから、食後のドーナツ。マックに行って同じものを頼んでも、一口だけ食べてあとはまったく食べない。

「パンもハンバーグもポテトもくさい。お肉の味がしないし、ポテトの味がしない」

そう言って、絶対に食べようとしない。

 

自宅での食事でも、大好きなエビと野菜の入った炒め物がでてくると、エビだけを全部自分のお皿に盛って、自分の分を確保してから野菜を食べます。

「音ちゃん、ママと半分ずつね」

「は〜い」

そう口で言うだけで、絶対にあげない。

「それ、全部食べられるの?」

「うん」

で、全部食べてしまう。

それで、まったく太らないし、血液検査でも肉体的になんの問題もないから、止める理由もない。

ただ、やっぱり、

卑しい。

 

食べ方が汚いというわけではないけれど、見ていて、

品がない

 

それは、女の子としてどうなんだろう?

「もうそろそろ、食べ過ぎや卑しい食べかたは良くないということをきちんと教えないとね」

 

yjimage

サルバトーレのドック。美味い!間違いない!

ラーメン屋に1時間半

 

そう思い始めていた音4歳のとき、近所のラーメン屋さんに3人で入りました。

音はワンパターンの醤油ラーメンを頼みます。

奥さんはみそラーメン。音は、みそにはまったく興味がない。

わたしはチャーハン。すると、例のごとく、

「パパ、音ちゃんにもチャーハンちょうだい」

「あげるあげる」

最初に来たのはチャーハン。音は当たり前のように自分のところに引き寄せ、スプーンを持って食べ始めます。

「音ちゃん、ラーメンとチャーハン、パパと半分半分にしよう」

「いいよ」

そう言ってチャーハンをパクパク食べてます。続いてやってきたのが、ラーメン。

当たり前のようにラーメンを自分のもとに引き寄せ、食べ始めます。

左手に箸を持ってラーメンをすすり、右手でガッチリ、チャーハンのお皿を掴んでいます。

「音ちゃん、どっちかパパにちょうだい」

「どっちも美味しいから、音ちゃんが全部食べる〜」

「それは、無理だからチャーハンちょうだい」

「全部食べる!」

「……無理だから…」

「大丈夫!食べるもん!」

「……よし、わかった。じゃあ食べなさい。音ちゃん、それ、”約束”だから、食べれられなかったら”嘘”ついたことになるよ。いいね」

わたしは覚悟を決めました。

と、いうか、キレちゃったんです。

プチンッと音がして、感情の線が遮断されたのが自分でもわかったくらいです。止められませんでした。

泣こうが吐こうが、全部食べさせることに決めました。

奥さんもわたしの空気に気づいたようです。なにも言いません。

当然、さすがの音でも全部は食べきれません。でも、ピンと張り詰めた空気に、「食べれない」と、言えない音は、泣きながらスプーンと箸を動かします。

前前回、書きました。そう、わたしは、子供に対し威圧的な態度に出て、いくら本人が”約束”したとはいえ、できもしないことを強要したのです。

「ゆっくりでいいから。休み休みでいいからね」

奥さんがそう言って、音はウンウンとうなづいて…。

ラーメン屋さんにしてみれば、さぞかし、理解不能な光景だったことでしょう。

それから、泣きながら食べ終わるまで1時間半かかりました。

もちろん、スープは残しましたけど、音は立ち上がるのも辛そうでした。そりゃそうです。これもう、ほとんど虐待ですから。

「お腹一杯になってどうだった?うれしい?」

「全然うれしくない。きつい」

「人の分まで自分一人で食べて楽しかった?」

「全然楽しくない。もうこんなのいやだ」

「でも、音ちゃんが全部食べるって言ったんだよ。自分で言った言葉の責任を取ったんだよ。それはすごいと思うよ。根性あるよ(力づくでそうさせたんですけどね。いちおうフォロー)」

「もう二度とあんなこと言わない。あんなこと言わなきゃよかった」

「そうだね。全部食べられるのか食べられないか、ちょっと考えればわかるのにね。考えてから言えばよかったね」

「もういやだ。二度と全部食べるなんて言わない」

 

このときの経験がよほど堪えたのでしょう。音は、いまだに思い出したように言います。

「あのときのパパ、本当に怖かったんだよね。全部食べないと殺されると思ったもん。殺されるくらいだったらきつくても全部食べたほうがいいやって思って死ぬ気で食べたもん」

 

いま音の食べる量は、普通よりちょっと多いくらいです。

現在、身長153センチ、体重35キロ。

 

わたしがキレて音にやらせたこの方法は、絶対にやってはいけない。親として、最低だったと反省しています。こんなこと書かないほうがいいかな?とも、思いましたが、自分自身の戒めのためにも皆さんに知ってもらおうと思いました。

皆さんは、どう感じられたでしょうか?

150x150_square_39421088

これが4歳の音ちゃん一時間半かけて食べた量

150x150_square_12475196

 

 

『仏の顔も三度まで』

 

どんなに温厚な人でも三度目には怒り出すという意味です。

音が、同じ約束を二度破っても、同じ嘘を二度ついても、怒りません。

ただし、

「三度目はないよ。わかった?」

そう忠告をしても、同じことで約束を破ったら、三度目には、わたしは実行に移します。

それは大きな雷を落とすことではありません。

破った約束を果たさせるのです。

 

”姑息な手段”を覚える年頃

 

音は、本を読むのが大好き。特に、漫画。

奥さんは、活字フェチでしたので、

「漫画から得られるものは大きい」

と、いうことで、特に制限はしていませんでした。

しかし、6歳のころから急激に視力が落ちてきたのです。

原因はやはり、本の読みすぎ。特に、漫画。

眼科医の先生からも、

「まだ近視にはなっていません。いまはまだ、仮性近視という段階なので、ゲームや漫画は最大でも1日30分と時間を決めて、それ以上は読まないように。少しでも進行を遅らせましょう」

と、いうことになりました。

 

しかし、我が家は共働き夫婦です。常に音を監視し続けることはできません。放課後の学童保育にも大量の漫画本があります。さすがにそこまでは無理。自主性に任せるしかない。

自宅でも、一人で家にいる時間があります。

だから、

音ちゃんに”読書時間ノート”なるものを渡して、読み始めの時間を自分で記録して、そこから30分後の時間を書いて、目の前に目覚まし時計を置いて本を読む。

そういうルールにしたのです。

たとえば、夕方4時から読み始めるとなると、ノートには、

『4時 → 4時30分」

そして、目の前に置いた目覚まし時計を4時30分にあわせる。音が鳴ったらおしまい。

それだけです。

「マンガの本を読むときは必ず、この記録をつけるように。わかった?」

「はい。わかりました」

a48af7d2a3dc8f5a776cea5d372f3ca4_m

ヤバッ…パパ怒ってんじゃん…

 

わたしも奥さんも、基本的には、

自己管理のできる人になってほしい。

と、思っていますので、一度ルールを決めると、そのあとは静観します。

 

しかし、やはり子供なので、嫌いなルールを守り続けることはできません。

気がつくと、ノートを書かなくなっているなんてことが一度、二度とありました。

 

ただ、ルールを守ってほしい。と、いうのとは、今回は、ちと違います。

視力の低下を防ぐために、本の読みすぎをしないためのルールです。

だから、わたしも厳しくいきました。

「音ちゃん、3度目はないからね。今度、忘れたら、本読むの禁止だよ!」

「はい。わかりりました」

それからしばらく経って、音は毎日、きちんとノートをつけていました。でも、あるとき、ふと違和感を感じたのです。

「30分なのに、ずいぶん本を読んでいる時間が長くないか?」

そう思ったわたしは、音に聞きました。

「音ちゃん、ノートつけてるよね?」

「ちゃんとつけてるよ」

「ちゃんと30分で止めてる?」

「うん。止めてるよ」

「だよねー。じゃあ、パパの勘違いか…」

翌日、帰宅して本を読み始める音。ちらりと確認するとちゃんとノートに書いて目覚ましをセットしている。わたしも時計を見る。

それから、目覚ましがなったのが40分後。

その晩、ノートを覗くと最初から10分後の時間を書いている。

なるほど……。そういうことか。やつもずる賢くなったな〜………、いやいや、感心してる場合ではない。やつは、こんな姑息な手段を身につけてやがったのです。

それでも、わたしは静観していました。しかし、その後も10分遅れは続き、そのうちまた、ノートすら書かなくなりました。そして、ノートを書かなくなって3日後、漫画を読んでいる音に抜き打ち開始。

「音ちゃん、ノート書いてる?」

「うん。書いてるよ」

「そうか。じゃあ持ってきて」

「えっ?」

「チェックするから持ってきて」

「うん…わかった…」

わたしは彼女の部屋の外で待ちます。あえて視界に入らない場所で。ドアは開いたまま。ゴソゴソと部屋でなにやら良からぬ音がします。おもしろいもので、良からぬことをしているときって、ちゃんと良からぬ音がするんですよね。

コソッと覗きます。音は、ノートを手に右往左往。さて、どうするかな?

どうしたと思います?

彼女は、ノートを本棚と壁のすき間に手を伸ばして奥深くに隠そうとしていたのです。

なるほど〜。悪くない……、いやいや、悪いやないか〜い!!

わたしはリビングに戻り、大きな声で、

「ノートまだあ〜」

音は、走ってきて、

「おかしいな〜。ちゃんとつけているんだけど、ノートが見つからないの〜」

ふ〜ん、なるほどね〜。子供なりに考えるんだね〜。

「ないの?そうかあ、じゃあ、本棚の後ろの壁見てごらん。あるから」

「えっ?」

「持っておいで」

「……はい」

すぐに持ってきました。ものすごく怯えた顔をして。

「いつから書いてないの?」

「3日くらい前から」

「時間をずらして書き始めたのはいつ?」

「……ずっと前から」

「そうか。じゃあ、漫画の本全部持ってきて」

彼女が持ってきたのは、小学舘の小学1年生4、5冊。これだけは毎月買ってあげていました。それ以外の漫画は図書館で借りてくるのです。

わたしは、それをゴミ袋に入れ、

「じゃあ、捨ててくるね」

「はい」

「これから3ヶ月間、すべての読書禁止ね。もちろん漫画以外の本もだよ。学童保育には電話をしておくから、コソッと読んでもバレるよ」

「…はい」

音ちゃん、いい?約束を破ったら、相手を傷つけた分、必ず自分に返ってくる。嘘も必ずバレる。嘘をついて人を傷つけた分が自分に返ってくる。約束を破ったり嘘をついたやつが、そのまま得をするようなことは決してない。音ちゃんは、自分の目を傷つけたし、裏切ったんだよ。自分の目が見えなくなるだけなんだよ。それでもいい?」

「いやだ」

「約束を破って、嘘をついて、人を傷つけて、結局最後に傷つくのは自分だよ。いやじゃない?そんなの」

「いやだ」

「だよね。だったら、もうこんなことやめよう」

と、いくら言っても、小学校にあがると、子供はそう簡単には言うことを聞きません。

 

どんなに素直にまっすぐに成長してくれても、親の思い通りにいかないのが、子供です。

 

声を荒げて、力づくで言うことをきかせれば事は簡単ですが、その反動は必ず、返ってきます。

しつこいですが、

からなず自分に返ってくるのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いや〜、マジバレしちゃったっス。ヤバいっス。

お問い合わせ先

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 


-05-23育児, コミュニケーションスクール
-, , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

育メンの育児ノイローゼ1 ~過信~

国会議員の育児休暇にひと言   育メンについての話題をやたらと目にする機会が増えました。 特に最近では、男性国会議員が、育児休暇を取りたいと党に申し出たことが話題になりました。 賛否両論あり …

言葉にすることの大切さ4 〜おうむ返し〜

見えない壁が現れているときの接し方とは? 前回の「見えない壁を知る」の続きです。 友達はあなたに、どうすればいいか相談をしてきました。でも、「別れなさい」なんて、否定的な言葉は聞きたくありません。なぜ …

囚われの身 ~母と娘の相互依存~3

父親の介護から   椿さんは、年老いた父親の介護を母親とやりながら、大好きなブランドショップの社員として働いていました。 椿さんは一人っ子。 元々は裕福な家庭で都内の一等地に持ち家があり、椿 …

離婚について3 ~埋められない隔たり~

当事者不在の話し合い   前回の続きです。 20代前半で結婚したクサオさんと蝶子さん夫婦の生活はちょうど1年でピリオドを打ちました。 結婚記念日に仕事から帰宅したクサオさんが自宅マンションに …

言葉にすることの大切さ3 ~嘘から出たまこと〜

嫌いな相手でも人として尊重だけはしたほうがいい   人は一人一人別の生き物。だから、違いを認めながら尊重することが大事 「そこまで考えないと、友達付き合いもできないの?かなり面倒くさくないで …

無料メルマガ

bnr_03.png

無料メルマガ
『恋も、お金も、健康も!
本当に望むものをすべて手に入れる
冷えとり健康法
8日間講座』

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須





風茜のプロフィール


風茜のプロフィール

冷えとりコーディネーター。
大学卒業後、美術館学芸員を経て、不況、夫の大病のため、転職を8回経験する。仕事のストレスから体が冷え切っていて、ようやく30代後半で妊娠するも、冷えのため切迫早産しそうになる。子供のアトピーをきっかけに冷えとり健康法を知り、靴下2枚ばきから始める。ずっと体が弱く、入院、手術を繰り返していたが、冷えとりで体質が改善されて、健康を取り戻した。現在冷えとり歴10年目。どんどん体の毒出しが起こり、体の冷えがとれて思う通りの幸せな毎日を送ることができるようになった。現在、靴下8枚ばき、半身浴2時間、1年中湯たんぽをいれ、腹7分を心がけている。アラフィフを機に、冷えとりコーディネーターとして、冷えとりと人との間をつなぐ仕事をしたいと活動を決意。2015年6月より冷えとりブログを開始。