レスキュー女子es

心と体の冷えとり_働く女性の悩み、主婦の問題、ママ友、嫁姑とのトラブルを解決する話  by風宏(心の冷えとり)&風茜(体の冷えとり)

05-23育児 コミュニケーションスクール

子育て論4 〜暇な子は個性が育まれる〜寝る子は育つ〜

投稿日:2016年11月11日 更新日:


暇力が個性を育む

 

おもちゃを買い与えなかった理由はただ一つ。

 

暇力を養うためです。

 

奥さんは常々こう言っていました。

「子供には暇を与えることが大切だよ。なんでも親がお膳立てをしたら、自分で考えない子供に育ってしまう。おもちゃがなければ、自分でおもちゃを考えるし、1日暇でやることがなかったら自分で暇つぶしを考える。子供は暇をつぶす天才だし、創造力は暇なときこそ生まれるもの。その能力を親が潰さないようにしないと」

「なるほど…」

「だから、おもちゃ買ってあげないでよ!」

「う…うん…」(本当はたくさん買ってあげたかった…。でも、ママに怒られるから、ごめんよ音ちゃん)

わたしは子供のころ、おもちゃを買ってもらった記憶がありません。唯一、ひとつだけ買ってくれたのが、『生き残りゲーム』でした。

yjimage

かなりシュールなタイトル

yjimage-1

小学生にも簡単すぎてすぐにパターンを覚えてしまう。

突然、なんの前触れもなく父が買ってきたのです。「どうや、うれしいやろ!」とか言って、ニコニコして。正直、わたしはちっともうれしくなかった。だって、これ、人気なかったですもん。友達の家でやったことがあったし。これ買ってくれるんだったら、

「『沈没ゲーム』のほうがよかったな〜」

 

chin

改めて見ると、シュールを超えて怖い

yjimage-2

そう言うと、

「おまえ沈没したいんか?生き残りたいやろ?」

そう言われて…。そりゃそうだけど…。(その後、『沈没ゲーム』は名前が良くないということで『沈没作戦ゲーム』に変更。どっちもどっちだと思うけど…)

だから、わたしは祖父母の家に入り浸っていました。そこに行けば、貸本代40円もらって、いくらでも漫画が読めたから。

結果、わたしは創造力がない。機転が利いて応用力はあるけれど、創造力はいかんせん、皆無。

奥さんは、子供のころ、おもちゃを買ってもらったことはないけれど、活字の本はいくらでも買ってもらえるという家でした。だから、奥さんにとっては本の中の物語の世界が全てだったと言います。

と、いうことで、音にとっては、小さいころに知人からもらったいくつかのお人形だけが唯一のおもちゃでした。そのお人形を使って、おもちゃの世界をつくって、ひたすら、一人でず〜っと独り言を言いながら遊んでいました。

たいていは、女の子のおもちゃが悪いおもちゃに襲われて、正義の味方のおもちゃが戦って、最後は二人が結婚するというストーリーでした。

それに飽きると、お絵かきです。色鉛筆だけは、奥さんがプロのイラストレーター用のものを買い揃えていました。赤だけで30色くらいあるやつ。

それで、音は、黙っていれば、延々と絵を描き続けていました。

 

IMG_0756

保育園時代に描いた絵

IMG_4459

1年生のとき

IMG_4463

1年生のとき

IMG_1417

2年生のときの絵手紙

IMG_1436

同じく2年生の時の絵手紙。作成中をこっそり盗み撮りした写真。

ちなみに、わたしにも奥さんにも絵心はまったくありません。親戚にもそんなアートな人物は一人もいません。

好きこそものの上手なれ

ですよね。

 

駅のホームで写真を見て

 

3歳のとき、わたしと二人で駅のホームで電車を待っているときでした。

「パパ、あれなに?」

音が指したのが、大きな広告写真。たくさんのバレリーナが『白鳥の湖』を踊っている写真でした。

「あれはバレエだよ。白鳥の衣装を着て踊ってるんだよ」

「きれいだな〜。音ちゃんあれやる!」

「バレエやりたいの?」

「うん。やる」

それから、バレエ教室をいくつも見学に行きました。

自宅から歩いて数分のところには大きなバレエ教室があるのに、

「やだ。ここやだ」

「なんで?」

「先生が優しくない」

「優しそうだったよ」

「ううん。あの先生は全然優しくない。子供が好きじゃないと思う」

そう言って、頑なに拒否。そして、4つ目か5つ目に見学に行った、自宅から駅3つ離れたバレエ教室での出来事でした。

先生がものすごいスパルタで、小さい子供でも私語をすると「もうおまえらは来なくていい!帰れ!」なんて、親のわたしでも、ドン引きするような雰囲気の体育会系バレエ教室。先生の口癖は、

「お受験のためとか、習い事の感覚で来られては迷惑だ。プロを目指す子しか来なくていい!」

でした。

わたし「音ちゃん、ここ怖いね。帰ろ」

音「音ちゃん、ここに決めた」

わたし「え〜〜〜っ!?なんで〜〜〜〜!?」

音「だってあの先生ものすごく優しいから〜」

わたし「怖くないの?」

音「怖いよ。でも、あの先生、子供のこと大好きだよ。大好きだから怒ってくれるんだよ」

わたし「絶対ここじゃなきゃダメ?」

音「ダメ。ここに決めた!」

2dd64c537e3ef71722de90fa12671d4f_m

 

あれから、8年経ちました。

3歳のころ、同級生は30名ほどいましたが、11歳になって残っている子は5名もいません。みんな、稽古のキツさに耐えられなくなって辞めていきました。音は、相変わらず下手ですけど、先生から罵倒され、行くたびに泣いてますが、辞めてません。むしろ、

「やっとバレエの面白さがわかってきた。もっと早く気付けばよかった」

と、楽しくて仕方がないようです。

去年の今頃、彼女の頭の中にあるのは、

本を読むこと(愛読書は小学館ジュニア文庫シリーズの『いじめ』)、絵を描くこと、バレエでした。

今、彼女の頭にあること。

「やりたいことを何でもできる人になりたいから、入りたい中学校がある」

だから、いま、彼女にはゲームをする暇、テレビを観る暇はまったくありません。

 

ちなみに、わたしは彼女の勉強について、何か言ったことは一度もありません。

 

寝る子は育つ

 

寝る子は育ちます。間違いなく!

 

これを、我が家風に言い換えると、

規則正しい生活は、子供を安心させます。次に何が起こるのかがわかると子供は安心できますから、たくさん寝てくれます。だから、

大きく育ちます!

 

です。

 

音は1歳を過ぎた頃から、まったく夜泣きをしなくなりました。夜、9時前に布団に入ると、朝5時まで、絶対に起きないのです。

オムツが取れると、その後、一度もオネショをしませんでした。ただの1度もです。

だから、オシッコで布団を汚されたことは1度もありません。

それは、

規則正しい生活を徹底したからです。

 

保育園では、必ず、お昼寝があります。

お昼ご飯を食べたあとの13時から15時までの2時間。月曜日から金曜日までずっと。

我が家では土日もそれを徹底しました。土日もお昼寝をするのです。だから、お出かけは午前だけ。もしくは、午後のお昼寝のあと。どこかに旅行に行っても、お昼寝の時間は必ずとる。

それを、

「もうお昼寝したくない」

と、本人が言い出す5歳くらいまで続けました。

夜は、例外なく9時までに就寝です。土日も旅行中も同じです。例外はありません。

dbedd88f820acd03e1493f3f5465d8de_m

 

 

安心が熟睡を生む

 

なぜ、そこまでして規則正しい生活を徹底させているのか?

 

それは、規則正しい生活は、心の安定を生みます。心の安定が保たれると、ゆっくり熟睡できるのです。眠りが深ければ深いほど成長ホルモンは促進され、身体はグングン大きくなります。脳の成長もそれとまったく同じなのです。

わかりやすく言うと、赤ちゃんは、おっぱいやミルクをもらうリズムが一定していないと、いつミルクが飲めるのかわかりません。わからないから不安になります。だから、お腹が空くたびに泣くのです。泣くというのは要求ですが、最後の手段でもあるのです。お腹が空いて、不安で仕方がないから泣くのです。

泣く前に必ず、赤ちゃんは何かしらのサインを送っています。

手を伸ばす。おっぱいを掴む。アバアバ激しく手足を動かす。

それに親が気がついて、そのパターンや、要求してくる時間帯がわかってくると、そのパターンに沿ってしまえばあとは案外簡単なのですが、相手は、赤ちゃんです。

言葉で言うほど、やさしくはありません。

だから、親が、パターンを決めてしまうのです。

つまり、

赤ん坊に合わせるのではなく、親が規則正しい生活をつくるのです。

 

我が家の場合は、ミルクをあげる時間を決め、本人が目をギラギラさせていても、午後1時から3時までは必ず昼寝をさせ、夜は、9時前に就寝。

このパターンを家族全員に刷り込ませました。

 

その結果、音は、1歳になってからは一度も夜泣きせず、一度もオネショをしませんでした。親戚の家に泊まっても旅行先でも一度もです。

 

犬や猫と比較して恐縮ですが、ペットを飼ったことがある方ならわかると思います。

動物は、とっても規則正しい生き物です。決まった時間にご飯を食べ、決まった時間に必ず寝ます。そのパターンや環境が少しでも変わると、とたんに体をかきむしったり、下痢をしたり、ストレスで体調を崩します。

赤ちゃんもそれと同じなのです。

ただ、赤ちゃんには、訴える方法が犬や猫ほど多くありません。

「泣くという手段しかありませんからね」

と、思っておられるお母さん。勘違いしないでくださいね。

赤ちゃんには泣く以外にも訴える方法はあります。

 

笑ったり、手足をバタバタさせたり、眉をしかめたり。泣くという手段は、あくまで最終手段です。泣かないと気づいてくれないから泣くのであって、その前に気づいてくれたら、泣かなくなります。

9db0b3ca6fb131e3dd221536d98698aa_s

規則正しい生活がちょ〜大事

 

でも、すべてのサインに気づくのは難しい。

だから、規則正しい生活を心がけるのです

すると、赤ちゃんは、仮にいつもの時間よりも早めにお腹が空いたとしても、不安な気持ちにはなりません。

パターンを体で覚えているので、その時間まで待ってくれます。

 

勘違いしていただきたくないのは、

予測して、前もってなんでもやってしまう、と、いうこととは違います。

なんでもお膳立てしておくことと、規則正しい生活を送ることは、まったく違います。

夜9時に寝せるためにその前に無理やり遊ばせるとか、お腹いっぱい食べさせるとか、そういうお膳立てをするのは、かえって体にも心にもよくありません。

眠くなくても、夜9時に寝せる。

それが、規則正しい生活です。

 

 

現在でも、音は夜9時半までに寝ています。

「勉強が終わらない」

と、言っても、奥さんは、

「9時半までにやらなければならないことを終わらせないのが悪い。やらなくていいから寝なさい」

「明日先生に怒られる」

「できない音が悪いんだから怒られなさい」

そう言って、勉強をやらせません。

学年が上がるに従って勉強の量が増えて、バレエの時間も延びて、夜、勉強をする時間が少なくなったのです。

でも、だからといって、寝る時間を遅くすれば、その分、たくさん勉強をするようになるかというと、そうではありません。

その分、時間をダラダラと過ごしてしまうだけなのです。

夜9時半に寝るというのは、我が家のルールです。決まっています。だから、音は、もっと勉強のスピードをあげる工夫をしなければならないのです。そのことに本人が気づかなければなんの意味もありません。

でも、やはり、9時半までに寝ると宿題が終わらないのです。

そこで、彼女は考えました。

「そうだ!朝早く起きればいいじゃん!」

そこで、彼女は、朝1時間早く起きることを思いつきました。

そして、実行してみると、

「夜勉強やるよりも全然早くできる。朝の方が問題も簡単に感じる。なんでだろう?」

そう言って、勉強は朝、やるようになりました。

だから、夜は、ご飯のあと、大好きな本を読んでゆっくりとリラックスして過ごしています。

9時半になると、布団に入り、30分もしないうちに必ず寝息を立てています。

 

こうしたリズムのほうが自分には向いているということを、自分で気がついたのです。

そこで、また、彼女には一つ自信が生まれました。

音は、小さいころ、牛乳アレルギーがあったので、いまだに給食以外はいっさい牛乳を飲みません。でも、身長はクラスで後ろから2番目です。ちなみにわたしの身長は169センチ。低いです。

でも、わたしは確信しているのです。

音がわたしの身長を超えてしまうことを。なんせ、彼女はたくさん寝ていますから。

寝る子は育ちますから。

4e8e7b8369bcef103bad8cbefae0f24e_m

お問い合わせ先

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 

 


-05-23育児, コミュニケーションスクール
-, , , , , , ,

執筆者:

関連記事

お金は大事だよ3 ~ウィンウィンの関係~

リスクをチャンスに変えろ!   「座敷童子を見たから一生お金には困らない」 このアクシデントに端を発した思い込みは、わたしたち夫婦には絶大な力を誇りました。 結婚3年目に起こったこのアクシデ …

ママ友と子供のいじめ4 〜親が子供同士の関係に介入するということ〜

よくないとわかっていても…。   茜さんと暁美さんの二人は独身時代からのお友達。 二人には、ほぼ同時に生まれた娘の音ちゃんと息子さんがいました。 しかし、育った環境がまったく違う二人はちっと …

子育て論7 〜約束と嘘と自慢と3〜

子供の大食いというクセ   小さい頃の音の最大の問題点は、 1、異常なまでの食欲 2、マンガの本を読み出したら止まらない   この二つでした。 この二つをどうすればよいのか? &n …

離婚について6 ~円満~

円満離婚って何?   夫の暴力から逃れるために離婚を決意する。 子供のために離婚を決意する。 もう一度、自分の人生をやり直すために離婚を決意する。 他に好きな人ができたから離婚する。 離婚理 …

あって当然。嫁姑問題11 〜ばあばと孫問題1〜

膀胱炎のトラウマ   奥さんがインフルエンザで座敷牢に閉じ込められていた間に、音ちゃんは、じいじとばあばの過保護政策によって、脳みそはテレビと漫画、身体はジャンクフードとお菓子で作られてしま …

無料メルマガ

bnr_03.png

無料メルマガ
『恋も、お金も、健康も!
本当に望むものをすべて手に入れる
冷えとり健康法
8日間講座』

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須





風茜のプロフィール


風茜のプロフィール

冷えとりコーディネーター。
大学卒業後、美術館学芸員を経て、不況、夫の大病のため、転職を8回経験する。仕事のストレスから体が冷え切っていて、ようやく30代後半で妊娠するも、冷えのため切迫早産しそうになる。子供のアトピーをきっかけに冷えとり健康法を知り、靴下2枚ばきから始める。ずっと体が弱く、入院、手術を繰り返していたが、冷えとりで体質が改善されて、健康を取り戻した。現在冷えとり歴10年目。どんどん体の毒出しが起こり、体の冷えがとれて思う通りの幸せな毎日を送ることができるようになった。現在、靴下8枚ばき、半身浴2時間、1年中湯たんぽをいれ、腹7分を心がけている。アラフィフを機に、冷えとりコーディネーターとして、冷えとりと人との間をつなぐ仕事をしたいと活動を決意。2015年6月より冷えとりブログを開始。