レスキュー女子es

心と体の冷えとり_働く女性の悩み、主婦の問題、ママ友、嫁姑とのトラブルを解決する話  by風宏(心の冷えとり)&風茜(体の冷えとり)

05-17夫婦のコミュニケーション コミュニケーションスクール 離婚

離婚について6 ~円満~

投稿日:2016年3月5日 更新日:


円満離婚って何?

 

夫の暴力から逃れるために離婚を決意する。

子供のために離婚を決意する。

もう一度、自分の人生をやり直すために離婚を決意する。

他に好きな人ができたから離婚する。

離婚理由は人様々です。

話し合いの余地がなければ、間に代理人を立てて話を進めるのも仕方ありません。

慰謝料、子供の親権、養育費。

そういう問題が絡んでしまったら、当人同士だけの話し合いは避けるべきでしょう。

大切なことは、トラブルを避けることですから。

では、目指すは、円満離婚ですか?

”円満離婚”という言葉。

「離婚いたしかたなし」と、いう状況に陥ってしまったら、目指す着地点は、

”円満離婚”。

う〜ん…。

この言葉、なんか、胡散臭い。

 

不思議な言葉です。

(夫婦(円満)離婚)”と、いうことなのですから。

こう書くと、対極にある言葉の真ん中に「円満」という言葉があります。

「円満」とは、

文字通り、円の中が満たされている状態のことを言います。なにで満たされているのか?

福々しいなにか。充分に満たされたなにか。

 

その、なにかとは?

「夫婦円満」であれば、

文字通り、人が羨むような仲睦まじい夫婦のことです。

愛だの喜びだの、思いやりだの労わりだの、慈しみだの嘆きだの、悲しみだの苦痛だの、そして、怒りまでも。そういうの全てをひっくるめて、

「いろいろあるのが夫婦だよね」

角のない円の中に満たされた「悲喜こもごもの夫婦の共有してきた歴史」を、そう本音で言い合える夫婦のことを、円満夫婦と言います。

 

その「円満」という、ポジティブな要素しか含まれない言葉に「離婚」がくっついたのが、「円満離婚」。

事を荒立てずに、穏便につつがなく離婚することを意味するそうです。

……。

やっぱりよくわからない。

裁判で罵倒し合ってボロボロになるまで戦って、精も根も尽き果てた離婚も、お互いに握手を交わして「じゃあね。元気でね」と、最後の言葉を交わして一緒に離婚届を役所に提出した離婚も、離婚は離婚です。

離婚の経過と結果が「円満」だったかどうかが大事ってことでしょうか?

 

「円満離婚するために、どうすればいいんでしょうか?」

「子供の受験もあるし、会社の体裁もあります。そのためにも円満離婚したいんです。どうすれば、お互いが納得のいく離婚が出来ますか?」

「子供のために別れた元夫と友人として仲良くできる方法を教えてください」

どれもこれも、わたしに教えらることではありません。

なぜなら、私は、

世の中に円満離婚をする方法など存在しない。

そう思っています。あるのはただの、「離婚」です。

「「離婚」の結果論として、つつがなく穏便に全てが終わってしまえば、それは「円満離婚」だったと言えるのかもしれない」

と、感じることができれば、それはおそらく円満離婚なのでしょう。

でも、途中で元夫が養育費を払ってくれなくなったら?

自分に親権があるにもかかわらず、何年が経って、子供が父親と暮らしたいと言い出したら?

それは、「円満離婚だった」と言えるでしょうか?

a6e7493fed777c2106d178344b1779e1_s

 

みなさんの周りで事を荒立てずに、穏便につつがなく「円満離婚」を実現した夫婦はいましたか?

 

わたしの周りを見渡すと……、ひと組もいない。今まで離婚した夫婦はわたしが知っているだけでも指折り数えて、21組。その中で円満離婚した夫婦は…、やっぱりひと組もいない。

その後、新しい恋に落ち、再婚するまで最も最短は、2年後。

その夫婦はとても若く、交際1年で結婚後1年で離婚。お互いに仕事をしていてほとんどすれ違いの夫婦生活でした。お互いがほぼ同時に、夫婦でいることに疑問を抱くようになり、お互いの存在が負担になっていったと言います。子供もいない。慰謝料もなく、裁判も起こしませんでした。あまりに早すぎる決断に、両家の親も、

「どうせ別れるなら早いほうがいい」

と、介入してくることはありませんでした。離婚はあっさり決まりました。

はたから見れば「円満離婚」です。

「円満離婚だった?」

そう女性に聞くと、

「んなわけないじゃん。精も根も尽き果てたよ。立ち直るのに半年かかったよ」

「前のパートナーと会ってる?」

「噂は共通の友人から聞くけどね。自分から会おうとは思わない」

この夫婦の場合は、お互いに仕事が忙しく、仕事を生きがいとしていました。夫婦として共有した時間はほとんどありませんでした。

だから、お互いの傷も浅くて済んだのだし、執着もなかったのかもしれません。

だからといって、決して「円満離婚」ではない。

「結婚する時の何十倍も疲れた。もう二度とあんな経験はしたくない」

それが本音なのです。

 

それこそ「円満離婚」を望んでいる私の知人がおりました。

彼には不倫相手がいて、奥さん子供にはバレてない。で、その女性との再婚を夢見ている。

「『不倫相手と再婚したいから離婚してくれ』なんて言ったら、慰謝料と養育費で首がすぐに回らなくなる。なんとか、もっともらしい離婚理由ないだろうか? 円満離婚できたら一番いいんだけどな。離婚さえ出来てしまえば後になってバレても大丈夫なんだよな?」

なんとも自分勝手な「円満離婚」願望です。

「もっともらしい理由があれば、離婚できるの?」

「妻も働いているし、経済的には問題ないんだ。慰謝料を払わなくて養育費が折半だったらなんとかなるし。あとは理由なんだよな〜。お互い仕事が忙しくてすれ違いが多すぎるとか、生きる方向性が違うとか?」

「子供はどうするの?」

「子供は無理だろうな、俺が育てるのは。問題はそこなんだよ。俺が子供はお前に預けるとか言ったら、やっぱり怪しまれるよな〜」

「普通は子供の親権を争うものなんじゃないの?」

「そうなんだよ。やっぱり無理か〜」

結局、その知人は不倫相手とは別れ、今は元サヤ。

はたから見ている限り、案外、夫婦仲良くやっている感じです。

4536607d1d97a6f11f8846c2f4f64986_s

 

他人の円満離婚は参考にならない

 

「この度、私たち夫婦は話し合いの結果、離婚することとなりました。お互いの方向性の違いであり、お互いがそれぞれの新しい道へ進むための出発点だと認識しております。これからも二人で子供たちの親として、友人として、協力してまいりたいと思います。これからも二人をよろしくお願い申し上げます」

「離婚後も仲良くしてますよ。子供がいるから一緒に遊園地に行ったり、たまにご飯を食べたり。うん。戦友みたいな感じなんですかね〜。仲はいいですよ」

芸能人のありがちなメッセージ。

嘘か本当か知りません。みんながみんなが嘘ばかりついてるわけではないでしょうし、中には本当に離婚後も仲の良い元夫婦がいるかもしれません。

でも、そんなのは、本当に例外中の例外であって、そんな彼らのエピソードを雑誌で読んで、

「へ〜。そうなんだ。羨ましいな〜。うちの子どもには申し訳ないことをしているな。家族そろってご飯を食べてあげることできないし。私も子供のために別れた夫と子供と一緒に食べてあげるべきなのだろうか? それができない私は、ダメな親なのだろうか?」

なんて、劣等感を感じるのは、間違いです。

私が申し上げたいのは、そこなのです。

「離婚」を考えた時、決意した時、

「子供のために円満離婚しよう」

なんてことを意識しなくていいんですよ。

と、いうことなのです。

「離婚」後、子供のために夫婦がそろっていないことをいつまでも悔やんでおられる方がいて、

「円満離婚」

できなかったことに責任を感じる必要は、全くないですよと、

いうことなのです。

もし、仮に「円満離婚」が本当にあるのだとしても、他人の「円満離婚」が、これから離婚をしようと考えている人の参考には決してならないし、離婚後も子供のために一緒にご飯を食べている元夫婦がいても、それはあくまでその二人の関係性であって、それを望む人の参考にはならないということなのです。

2dea91717af007fcd26538b82877fbbd_s

 

経済的自立が大きい

 

芸能人に円満離婚が多いのには現実的な理由があります。

彼らは「公人」という立場です。多くの人が彼らの一挙手一動に注目しています。だからと言って、プライベートなことまで公開する必要はありませんが、離婚というネガティブな状況にある中で、唯一ポジティブなイメージがこの「円満離婚」です。イメージ戦略的にもそのように発表せざるをえないのです。

だからと言って、別れてしまった後に、経済的な補償がなくなるという現実に直面することになれば、そうも言っては入られません。

「円満離婚」をアピールするためには、

「裁判をしない」「親権を争わない」「慰謝料を伴わない」

と、いう3大トラブルを回避しなければならないという絶対条件が必要になります。そのために、何が一番必要か?

それは、

相手を尊重すること?

それも大事ですが、一番は、もっと現実的な問題です。

経済的自立です。

テレビや雑誌、ネットニュースにある離婚ニュースを思い出してください。「円満離婚」を強調する夫婦。その大半がどちらも有名人。需要も人気もそれなりにあって、「円満離婚」アピールがそのままビジネスに結びつく可能性のある人たちだからこそ、発表する意味がそこにはあるのです。興味のない方は、

「プライベートなことなのに、なぜあえてそこまで言う必要があるの?」

そう不思議に思われるかもしれませんが、言わないより、言った方がプラスになるから言う。

なぜなら、それが直接、ビジネスに結びつくからです。

これを、一般人に当てはめても共通する点は、一つ。

「経済的自立」です。

もちろん、経済的自立をしていても親権を争うパターンもありますが、現実的には、ほとんどないと思います。

離婚後も妻側の経済的自立が保証されれば、たいていの場合、親権は母親が持つことになる場合が多いようですね。

 

それでも、円満離婚したいとお考えのあなたへ

 

わたしと茜さんは、

ものすご〜〜〜く喧嘩をします。

先日も、ものすご〜〜〜く、くだらないことで喧嘩をしました。

でも、必ず、その日のうちに仲直りをします。

「じゃあ、ちゃんとお互いに謝ろう」

「そっちが先に謝って」

「いや、そういうことを言うからまた喧嘩になるんじゃん」

「じゃあ、やっぱりまだ謝りたくないんじゃん」

「そりゃあ謝りたくないよ。でも、いつまでも喧嘩しても仕方ないから謝ろうって言ってんじゃん!」

「いいじゃん。まだ謝りたくないなら、謝らなきゃ!」

そして、また一通り一から最初と全く同じ言い合いをして、いつの間にか娘の音は寝てしまい、夜中になって、いい加減これ以上やり続けたら明日に響くな〜ってところで、だいたい、お互いに同じようなタイミングで、

(なんかバカらしいな〜)

って、思い始めて、思わず吹き出してしまう。

「あ〜、アホらしい」

「もう、やめよう。眠い」

「うん。やめようやめよう」

「じゃあ、同時に謝ろう」

「そうだね。せ〜の、ごめん」

私たちは相手に対して思っていること、感じたことを言いよどむ。躊躇するこということはありません。

我慢するということを一切しません。

 

だから、音が生まれる前は、喧嘩になると、すぐに、

「もう離婚だね」

この言葉がどちらからともなく出てくる。

「私たち、何年も一緒に暮らしてるのに、どうして毎回同じ理由で喧嘩するんだろうね。やっぱり、合わないのかな…」

すると、必ず、上記のような言葉が出てくるのです。

「離婚」という言葉が出ることによって、

「私たちは一緒には暮らせないのだろうか?」

と、いうテーマが二人の頭にほぼ同時に浮かび、その理由を考え始めるのです。そして、

「なぜ毎回同じ理由で喧嘩をするのだろう?」

と、いう疑問が浮かびます。夫婦の喧嘩なんて、理由は毎回同じですから。そのことを口に出してあえて自覚する。そして、

「そりゃあ、もともと他人が一緒に暮らしてるわけだし、血が繋がっていても、理解できないものは理解できなし、分かり合えないしね」

と、いう結論が導き出され、「自分たちだけが特殊ではない」ということに気づきます。

「だったら、その分かり合えない、分かち合えないことを我慢できるのかどうかってことだよね?」

と、いう新しい議題に移ります。

そこで、私たちの場合は、必ず、

「我慢できない!」

と、なる。

「だから喧嘩になるんだね」

じゃあ、

「我慢しないけど、離婚もしない方法を考えようよ。答えが出なくなった時が、終わりじゃない?」

と、なって、

「喧嘩するときは、とことん喧嘩しよう。お互い我慢だけはやめよう」

そういう結論に至るのです。

 

あえて、

「離婚」

と、いう言葉をたくさんたくさん出すことによって、夫婦としての自覚を常に促しあっているとでも言えばいいのでしょうか。

夫婦の間で「離婚」を決してタブー視しない。

 

常に私たち夫婦を、

俯瞰する。

 

そういう意識を、本当に意識的に持ち続けました。

 

その結果、私たち夫婦は、

喧嘩をしまくるのです。

 

音が生まれた頃は、

「子供の前で喧嘩をするのはよくないよね」

そう言って、

「我慢することをやってみよう」

と、柄にもないことを試みました。

でも、やっぱり無理。

音が目の前にいようと、「やめて〜」と泣こうが喧嘩は止まらない。

そのうち、音も喧嘩になれ、喧嘩が始まると、普通にマンガを読んだり、そのすぐ横で勉強しています。

いつの頃からか、

「音ちゃん。今の喧嘩、パパとママ、どっちが悪い?」

そう聞くようになりました。

「今のはパパが悪いね」

「えっ!?パパが悪いの?マジで?」

「うん。たぶんね」

「ほらっ。音もそう言ってるよ。謝って」

「う〜ん。仕方ないな〜。ごめん」

こういう展開が増えてきました。

1c17825c8a8357e9878ab54bfea5e065_s

例えば、家族旅行中。私は喧嘩をふっかけてきた茜さんへの怒りのあまり、一人で勝手に帰ったことがあります。

音のために我慢して、旅行を続けるという方法も考えましたが、そうなると、茜さんとはもっとひどい喧嘩になる可能性が高い。音に八つ当たりをするかもしれません。だから、

「俺は帰る」

そう言いました。それに対し、茜さんは、

「あ、そう。帰れば?」

そう言いました。

「音はどうする?」

私はそう音に尋ねました。

「音ちゃんはパパに帰ってほしくないよ〜」

そう言います。でも、無理でした。どう考えてもこのまま一緒にいたらもっとひどい喧嘩になってしまう。

「ごめん、パパはこれ以上無理だ。だから帰る」

「ママはこのまま旅行を続けるよ。音ちゃんはどうする?」

茜さんが音にそう言いました。音は、

「旅行続けたい。だって、せっかく来たんだもん」

「じゃあ、ママと旅行を続けな。パパは帰るね」

そう言って、私は帰りました。

大人気ないことはわかっています。でも、茜さんに対する怒りが収まらない限り、怒りを溜めない方法はこれしかなかったのです。

私のやったことは父親として最低です。音の楽しみを奪ったわけですから。

夫婦喧嘩とは常にそういうことです。必ず子供が犠牲になります。

だからと言って、子供を優先して我慢をすれば、もっとひどいことになる。私たち夫婦の場合は、そうなのです。

こうしないと私の中のバランスが取れませんでした。

あのまま旅行を続けいていたら、

茜さんに対する怒りの我慢 → 音に対する八つ当たり = 最低の夫 and 最低の父親

でも、旅行をやめたことで、

茜さんに対する怒り =(相殺)= 音に対する申し訳ないという気持ち = 最低

どっちにしても父親としては最低なんですけどね。

パパがいなくなったことで、最初はつまらないと思っても、ママと二人きりでのびのびと旅行は続けられます。

時間が経って気持ちが落ち着けば、私も茜さんも電話で、

「ごめんね」

と、謝ることができます。

旅行から帰ってきた二人は、わたしにおみやげを買ってきてくれました。

「最初はどうなるかと思ったけど、旅行はとても楽しかったよ〜。ママと二人もいいもんだね〜」

音は、そう言って、わたしの罪を許してくれ、ママを慰めてくれました。

「子は鎹(かすがい)」と、言いますが、子は、自分が鎹であることをしっかり自覚しています。

親が子に甘える、弱みを見せる。

そういう場面を演出することも、大切だと思います。

まあ、この場合は演出ではありませんが。マジギレでしたが(反省)。

 

そうやって、私たち夫婦は長い時間をかけてお互いのパターンを学習し、お互いがお互いにストレスがたまらない工夫をしてきたのです。

とはいえ、

こんなわたしたちでも、もし離婚という結果になった時、どうなってしまうでしょう?

どんなに楽観的に見積もっても、「円満離婚」には決してならないと思います。

罵り合いも、長い冷戦も、そして、子供の取り合いも財産分与も全てを争って別れ、法的に全てを清算した後も、長く長く、心の重石を抱えるでしょう。特にわたしの場合は。

それを乗り越えられるか否かは、わたし次第。

その後の、わたしの生き方次第。

なぜなら、それが「離婚」だからです。

fabf5eabb334c8eea64e4cee47cd847d_s

 


-05-17夫婦のコミュニケーション, コミュニケーションスクール, 離婚
-, , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

お金は大事だよ8 〜人を幸せにできる人のところに集まる〜

あぶく銭   「あぶく銭」の「あぶく」とは、「泡」のことです。 そうです。バブルです。 わたしにとって、株で得た「お金」はバブルでした。 あくまで株取引の資金となっている間のお金はバブルだと …

ママ友と子供のいじめ 1 〜いじめっ子のママの悩み〜

ママたちの悩みトレンド   女性週刊誌には、女性のお悩みを相談するページがたくさんあります。 わたしの友人に女性誌ライターがいて、先日、彼がこのようなことを言ってました。 「風さん。最近、う …

ママ友は友達じゃない!!vol8 〜子供は人質じゃない〜

先生に贈呈する花束   卒園式が無事に終わり、お昼過ぎから、会場設営の担当者数名で夜に開催される謝恩会の準備を始めました。 会場装飾の担当者は飯山さんの奥さんでした。もちろん、彼女の立候補で …

あって当然。嫁姑問題8 〜ママとばあばになっても……〜

赤ちゃんとの初対面でミスコミュケーション   音ちゃんが生まれたその日、”ばあば”となった母は、九州の病院のベッドに寝ていたという、まあ、なんともトホホなタイミングなのでありました。 このタ …

子育て論5 〜約束と嘘と自慢と1〜

約束   普通に会話ができて、親との”約束”ができる年齢になったとき、音と交わした約束事がありました。 今後、我が家の子育ては、この”約束事”をベースに全てが動いていくことになります。 それ …

無料メルマガ

bnr_03.png

無料メルマガ
『恋も、お金も、健康も!
本当に望むものをすべて手に入れる
冷えとり健康法
8日間講座』

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須





風茜のプロフィール


風茜のプロフィール

冷えとりコーディネーター。
大学卒業後、美術館学芸員を経て、不況、夫の大病のため、転職を8回経験する。仕事のストレスから体が冷え切っていて、ようやく30代後半で妊娠するも、冷えのため切迫早産しそうになる。子供のアトピーをきっかけに冷えとり健康法を知り、靴下2枚ばきから始める。ずっと体が弱く、入院、手術を繰り返していたが、冷えとりで体質が改善されて、健康を取り戻した。現在冷えとり歴10年目。どんどん体の毒出しが起こり、体の冷えがとれて思う通りの幸せな毎日を送ることができるようになった。現在、靴下8枚ばき、半身浴2時間、1年中湯たんぽをいれ、腹7分を心がけている。アラフィフを機に、冷えとりコーディネーターとして、冷えとりと人との間をつなぐ仕事をしたいと活動を決意。2015年6月より冷えとりブログを開始。