レスキュー女子es

心と体の冷えとり_働く女性の悩み、主婦の問題、ママ友、嫁姑とのトラブルを解決する話  by風宏(心の冷えとり)&風茜(体の冷えとり)

10冷えとりと食 13冷えとりおはなし会 お酒・たばこ 半身浴

冷えとり 冷えとりおはなし会2-2(2015年)冬の冷えとり

投稿日:2015年12月4日 更新日:


こんにちは。

冷えとり歴7年生の風茜です🍃

今年(2015年)は、暖かい毎日が続いていましたがようやく寒くなってきましたね🍂

街で見る人たちの足元を見ると、ストッキングの女子もいます。

昔は私もハイヒールを履くために、そうだったな〜と感慨が深いです。

でも、もう出来ません💦

靴下を最近6枚から10枚に増やしたら、さらに快適なので、そんな足元では自殺行為としか思えません。

思わず、「お嬢さん、冷えるからやめたほうがいいですよ」と声をかけたくなるのをぐっと我慢する今日この頃。

冷えとり女子の皆様は、これからも、素敵に✨冷えとりをしていきましょう✌️

42080f2c43ad43050c95d0342210b9d3_s

やっと都心では紅葉が始まりました。寒暖の差が激しくないと、木々は紅葉しないのだそうです。

 

さて、前回に引き続きまして、相談者のおはなしの続きを聞いてみましょう。

 

冷えとりをやっているみなさんのおはなし

 

1 半身浴が好きになった

この相談者の方は、冷えとりを始めてから、半身浴が好きなり、毒が出て行く感覚がわかるようになってきたとおはなしされていました。(お湯に綿のようなものが浮いたり、半身浴後にお湯の色が変わっているので、これが毒が出て行く感覚なのかどうかを知りたいと思ったとのこと)

それから、白いスパッツもグレーに染まってしまったそうです。

 

IMG_8551

冷えとりをやっている方は、だいたいスパッツを何枚か重ねばきしています。

 

柳沢さんの答え

出て行くものは、すべて毒。(お風呂に綿のようなものが浮かぶのもその一つ)

毒が出て行く時には喜びましょう。

スパッツがグレーになるということは、腎臓と肺が悪かったのではないか?

(出てきたものの色でどこが悪いかわかるそうです。肺は白、腎臓は黒、肝臓は青(目に出る。緑内障)、心臓は赤、消化器は黄色ということだそうです。白と黒を混ぜると灰色になりますよね?)

特に汗は、色が出やすいので色を見てみると面白いとおはなしされていました。

 

IMG_0663

夫の絹の下着。少し色が染まっています。脇の下の部分が白から黄色っぽく変色しています。消化器の毒!

 

参加者の皆さんも、私も色が出ます、と、ざわめきました!

なるほど、お湯に色が出るということは、皆さん、体験されているのですね。

うちでも、私が最後にお風呂に入ると、お湯がグレーかかっています。

子供の後では、そんなことはありません。(アトピーのひどい時は、白いわたのようなものが浮かんでいたことはありました。肌は呼吸器ですから、肺の毒だったのだと思います)

夫の後になると、必ずグレーなのです。(土用の毒出しの時は、黄色でした。消化器の毒がちゃんと出ていたのですね!)

確かに、夫は腎臓があまり良くないので、やはりそうなんだ〜と確信しました。

前に、肺炎で入院した子供のお友達の家に届け物をしに行った時に、そのお子さんの顔色が真っ白だったことも思い出しました。

女の子は色白の方が美人だよと言われますが、不健康だということではないでしょうか?

顔が白くていいですねと言われて喜んでいる場合ではありません💦

色のことでいうと、みかんを食べすぎると黄色くなるというのは、胃に負担がかかっているということなのでしょうか?(消化器の毒は黄色だというのでそんなことを思いました)

出て行くものは全て毒

感謝して、色を見てみると面白いです。

 

2 やめられない

相談者の方は、タバコが悪いとわかっていてもやめられないという悩みがあるとおはなしされました。

アルコールには興味がないのに、どうしてもタバコだけがやめられない。

そして、自分勝手で申し訳ないのだけれど、他人のタバコの煙はとても不快。

前回のおはなし会で、半身浴が冷えをとると聞き、5〜6時間するようになったのに、まだ足が寒い時があると言っておられました。

97d26dda0b8d1be868a0ba9c9b03acbc_s

私も他人の煙は大嫌いです。完全禁煙ゾーンができてとてもよかったと心から思います。

 

柳沢さんの答え

タバコが美味しいということは、肺が冷えている。

なるに任せて、吸っていい。(たくさん毒を取り入れて、臓器に負担をかけさせ、出すという作用をするから

無性に吸いたくなったり、食べたくなったりしたら、食べて、毒を出す。そして、これを毒を出したと考えるようにする。

起こっていることは、全て自分のため。

臓器が改善されるまで足は冷たく感じるし、足のドクドクする感じもいずれなくなる。

どんな異常も身体を改善させているのだと考えるようにする。

 

bb114373fdd57c61b7b3e3d4a79fb3ae_s

身体の調子が悪い時に限って、食べたくなるラーメン。

 

ここで柳沢さんが面白いことを教えてくれました。

ものを食べたりして、鼻水が出ると、それは食べることのストップのサインだそうです。

ラーメンやお蕎麦の食べ始めに鼻水が出るのはいいのですが、これが食べている間中、ずっと出続けるのは、胃がかなり悪いとのこと。

なるほど、なるほど。

ちなみに、昨日、子供にあんまんを食べさせた時に、ずっと鼻をズルズルやっていました。

あれはストップのサインだったんですね。

夫は脳腫瘍の術後、ものを食べている時に鼻水が止まりませんでした。

聴神経腫瘍だったので、耳の中をいじったので、食事をすると鼻水や涙が出ると医師からも言われていたのですが、耳の異常も消化器の毒出しですね。

今、現在は熱いものの食べた始めだけ、鼻水が出るだけになりました。

 

24d2e2b12488423411e7392217628c92_s

冷えとりの道にはいろいろな風景が見えるかも

 

それにしても、なるに任せてタバコを吸っていいとは、目からウロコです。

私はこの相談者の方のお話を聞いて、少し反省いたしました。

あまりに、うちの家族が、食べ過ぎて、体調を壊すことが多く、私はガミガミ怒っていたのです。

よく進藤先生の著書が厳しいことを書いてあると聞きますが、私はそうは思いませんでした。

やれと書いてあることをやらないで、自分の好き勝手にした結果、どうしようとあたふたするのが、本当に私も嫌だったのです。

だから、少しも厳しいとは思いませんでした。

それに、やっていない人に限って、言い訳が多すぎます。

だから、家族にも厳しく強制していたのかもしれませんね。

なるに任せて、好きにやらせて、自分で気付き、改善していくというスタイルをとった方がいいということがよくわかりました。

家族にガミガミ言わないようにするのは、難しいけれど、チャレンジしてみようと思いました。

 

3 有機農法の食品のはなし

7e062637d72f7d20421865441acfd891_s

 

ここで一人の方から、質問がありました。

「食べるものは、オーガニック食品が身体に良いのでしょうか?」

(オーガニック食品とは農薬をなるべく使わず、有機栽培で作られた食品です。)

これは私も聞きたいところです。

私も小さい頃から、母が、外で食べるものは、塩辛いし、何を使っているかわからないから、生協のものしか使わないという環境に育ってきています。その結果、自然とオーガニックのものがいいという思い込みがありました。

そして、夫の大病(脳腫瘍)後には、不摂生を反省して、オーガニックの野菜を宅配で取るようになりました。

2011年の震災以降は、放射能を気にして、できるだけ遠方の産地の食材を選んで購入するようになりました。(子供のことが心配だったからです。大人は気にせず食べています)

水も、水道水のセシウムの数値が高く出るのをニュースで見て以来、こわくなり、遠方より取り寄せて、子供にはその水を使ったものを食べさせています。(大人は水道水をじゃんじゃん使っています)

その報道がされた時には、小さなお子さんを持つ親御さんはパニックになり、給食で使用される食材の産地を気にしたり、放射能に対する勉強会が開かれたり、公共施設(保育所や学校)の水道水を飲ませるのが不安なために、子供に水筒を持たせる親御さんもたくさんいました。

cafa066e7d95f542f0e524652b761f90_s

 

柳沢さんはこのように答えていました。

幸恵さん(進藤先生の娘さん)も勉強会では、この質問について回答することも多いのですが、目の前のものに感謝して食べてください」

そうですよね・・・。

こだわりすぎると探し求めてしまいます。

例えば、レンコンを煮物に入れたいのに、産地が関東圏のものだと、私はいまだに躊躇(ちゅうちょ)してしまいます。

それで、遠方の産地を取り扱いのあるスーパーまで足を伸ばしたりして、買い物が一つのスーパーだけで済むことがありませんでした。

本当に一つの食材を求めて、さまよったこともありました。

これは良くないことだそうです。

なぜならば、生命をいただくということは、気をもらうということであり、感謝しなければいけないのです。

絶対これでなければいけないということになると、少しでも悪いものが入るとすぐに身体の調子を崩すことになるそうです。

進藤先生も著書の中で、「少し毒を入れ(2割くらい)、8割はいいものを取り入れ、頭寒足熱、腹八分、身土不二」を勧めていますね。

(身土不二とは、「地元の旬の食品や伝統食が身体に良い。」ということ。ウィキペディアより)

どんなことがあっても、やっていく力をつけることが大切だということです。

(以前に、子供がアトピーがひどかった時に、かかりつけの内科医にアレルギーを引き起こす食品を除去したほうがいいか相談したことがあるのですが、その時にこのように言われました。

「お母さん、アレルギーのあるものを除去し続けたら、しまいには宇宙服を着て暮らさなければならなくなりますよ」

つまり、除去していると免疫力がつかないのです。少しづつでも取り入れ、最初はひどい反応が起きても、とり続ければ次第に免疫力がついていくので、大丈夫になるとアドバイスされ、私たちはそのようにすることに決めました。その結果、子供の卵のアレルギーは消えました。)

 

ですから、どんなことがあってもやっていくというのは、とてもよく理解できます。

不調になるのは、あくまでも正しい生活をしなかった結果が、今に現れるということなので、反省して自分の体と向き合いたいものですね。

 

8d11c83bf0a65a1e1fa7dbc7200e1d2a_s

どんな時でも前を向いて

 

まだまだお話は続きます。

次回をお楽しみくださいませ。

 

冷えとりおはなし会・今日のポイント

冷えとりをしていると、衣食住に関して興味を持つように変化します。

服は化学繊維を着るのがいやになりますし、

食も添加物は嫌いになり、

環境も冷房や暖房の風が不快に思うようになります。

がちがちに冷えとりをやるのはおすすめしません。

現代社会で冷えとりをやるには、普通の生活の長所や短所を

とりいれながらやらないと長続きしないからです。

中庸になるのが大切です。

 

冷えとりは衣食住から。

インテリアブログ「あ☆カル〜イインテリア」もどうぞご覧下さいませ。

こたつプロジェクトも作動中。

皆様からのご意見、ご感想をお待ちしております。

 


-10冷えとりと食, 13冷えとりおはなし会, お酒・たばこ, 半身浴
-, , , , , , , , , ,

執筆者:


  1. […] (*これまでのおはなしにつきましては、「冷えとり 冷えとりおはなし会2−1 2−2」をご覧くださいませ。 […]

  2. […] (*これまでのおはなしは、「冷えとり 冷えとりおはなし会2−1 2−2 2−3 」をご覧くださいませ。) […]

  3. […] (*詳細に「冷えとり 冷えとりおはなし会2−1 2−2 2−3 2−4」をご覧くださいませ。) […]

関連記事

冷えとりとめんげん 虫歯8 終わりに

こんにちは。 冷えとり歴7年生の風茜です❤ (このブログは過去のものですが、現在の大腸の毒だしを再考するために再アップさせていただいております。現在冷えとり歴8年生になりました) いつもブログにご訪問 …

料理の”さ・さ・し・す・せ・そ”

さしすせそ   はい。あらためて申し上げることでもありませんが、あえて、書きたいと思います。料理の”さしすせそ”  さ 砂糖 し 塩  す 酢  せ 醤油  そ 味噌   はい。文 …

冷えとり 子供のアトピー11 脱ステロイドへの道⑧7か月目

こんにちは。 冷えとり歴8年生の風茜です🍃 いつもたくさんのブログの中よりご訪問いただき、まことにありがとうございます。 もうすぐ9月になりますね。 暑かった夏も秋へ突入。 (8月6日の立秋で心臓の毒 …

冷えとり 男のめんげん 夫の場合13 ついにキタ〜?

こんにちは。 冷えとり歴8年生の風茜です🍃 いつもたくさんのブログの中より、ご訪問いただき誠にありがとうございます。 さてさて、以前の記事で、家族の冷えとりについて、お伝えしてきました。 風家では、家 …

冷えとり 冷えとりおはなし会2-3(2015年)冬の冷えとり

こんにちは。 冷えとり歴7年生の風茜です🍃 だいぶ寒くなってまいりました。 皆さま、いかがお過ごしでしょうか? コートをそろそろ着始めている方が街でも多く見かけられます。 いつもの冬でしたら、私もいち …

無料メルマガ

bnr_03.png

無料メルマガ
『恋も、お金も、健康も!
本当に望むものをすべて手に入れる
冷えとり健康法
8日間講座』

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須





風茜のプロフィール


風茜のプロフィール

冷えとりコーディネーター。
大学卒業後、美術館学芸員を経て、不況、夫の大病のため、転職を8回経験する。仕事のストレスから体が冷え切っていて、ようやく30代後半で妊娠するも、冷えのため切迫早産しそうになる。子供のアトピーをきっかけに冷えとり健康法を知り、靴下2枚ばきから始める。ずっと体が弱く、入院、手術を繰り返していたが、冷えとりで体質が改善されて、健康を取り戻した。現在冷えとり歴10年目。どんどん体の毒出しが起こり、体の冷えがとれて思う通りの幸せな毎日を送ることができるようになった。現在、靴下8枚ばき、半身浴2時間、1年中湯たんぽをいれ、腹7分を心がけている。アラフィフを機に、冷えとりコーディネーターとして、冷えとりと人との間をつなぐ仕事をしたいと活動を決意。2015年6月より冷えとりブログを開始。