レスキュー女子es

心と体の冷えとり_働く女性の悩み、主婦の問題、ママ友、嫁姑とのトラブルを解決する話  by風宏(心の冷えとり)&風茜(体の冷えとり)

15冷えとり茶話会

冷えとり 仲間になるとき1

投稿日:2015年9月20日 更新日:


こんにちは。

冷えとり歴7年生の風茜です🍃

いつも、たくさんのブログの中からご訪問いただきありがとうございます

 

 

前回までは、冷えとり仲間との楽しいおしゃべりをご紹介してきました。

(*詳しいことは、「冷えとり おしゃべりティータイム 1  3 をご覧くださいませ)

 

冷えとりをやっていると、次々とめんげんがでてきて不安になります。

ネットで検索したり、本を読んだりして、その不安を解消しようと思いますが、やはり同じことをしている仲間がいるのは、直接いろいろなことも聞くことでができて心強いですね!

どうやったら、そういう仲間が見つかるのでしょう?

まさか、街中で足元にたくさん靴下を履いている女子を見かけたら、こちらから、

冷えとり、やっているんですか?」

とは、なかなか声もかけられないですし・・・・。

そういう人たちが集まる勉強会のようなものに行けば、交流ができるのかな?とも思って、参加したこともあります。

(*詳しくは、「冷えとり 冷えとり勉強会に行ってみました♡」をご覧くださいませ。)

講師の方に質問したり、お店の方に話しをうかがったりすることはできましたけれど、少し込み入ったお話は一度だけでの参加では難しかったです。

何回か同じ勉強会に参加していれば、来るメンバーも決まってきて、自然と交流が深まるのでしょうか?(勉強会自体は、とてもよく参考になりました。別の勉強会もぜひ参加してみたいと思っています。となると、仲間を見つけるためではなく、知識をとりいれるための勉強会かな?とも思いました。)

 

a9fd54d6b7ca33e3659a9235afd7348b_s

少人数の勉強会やお話会があるといいなと思いました

 

そんなことを考えていたら、こんな出会いがありました!

 

 

 

声をかけられる

 

ある会社に勤めていた頃の話しです。

いろいろな方から、冷えとりの足元をよく言われてきました。

 

「なんで、そんなに靴下をたくさん履いているの?」

「暑くないの?」

「おばあさんみたいに足元が厚ぼったくて、ものすごく変だよ〜。」(そうは言いましても、最近のおばあさんの足元をみると、おしゃれで、靴下をはいている方は少なく、素足の方が多いですね!)

 

私も最初の頃は、こう言われるたびに、冷えとりの素晴らしさをわかってもらいたくて、反論していました。

 

冷えとりをやっていて、足元を温めて冷えをとるのために靴下をたくさん履いている

絹は通気性がいいから、暑くない

 

など、いちいち説明してきました。

たぶん、私がなにかにダマされているのではないか、と、心配の気持ちもあったのではないかと思います。

 

「そんなことで、病気が治る訳がない。不調なら早く病院に行ったほうがいい」

「栄養をとって、たくさん食べたほうがいいよ」

「食べたいものを食べずにいるなんて、信じられない! つまらない人生!」

「靴下をたくさん買わされて、それを売りつけるネズミ講でもやってるんじゃないの?」

 

いろいろなことを言われました。(すべて本当に言われたことです!)

これは、私が冷えとりを始めて2〜3年頃のことだったと思います。

冷えとりも、冬の間はブーツを履いていると、重ね履きしている靴下が隠れてしまってわからないので、あまり言われないのですが、夏になると周りが素足になる中で、自分だけブーツを履いていたり、クロックスを履いて、靴下の足元が露出すると目立ちましたから、気になったのかもしれません。

 

7427feaecd7c770f80161caae03b9261_s

こんなスッキリした足元の人からは・・・

IMG_0410

ぽってりとしたこの足元には違和感があるのでしょうね?

 

 

最初の頃は、いろいろ言われましたが、私の冷えとりファッションにも、会社の皆さんが慣れてきてくれて、あるいは、あきらめてくれたのか、あまり言われなくなってきました。

職場によっては、制服にストッキング着用というところもありますね。

私のいた仕事場は私服で靴も自由でしたから、露出さえなく、失礼にあたらない服装であれば、とくに靴下をたくさん履いているからやめなさいというような注意をうけることはありませんでした。

その点ではありがたいことでした。

ただ、職場のみなさんにはいつまでたっても違和感だったようで、なにかと言われ続けました。それだけが面倒でした。

そういうときは、右から左へ、聞き流すしかありませんね?

そのうち時間が経って、ようやく、私の足元がみなさんにとって見慣れた風景のようになってきたのか、あまり言われなくなってきたのです!

 

そんなある日。(冷えとり歴6年目のころでした)

職場に、新しい方が中途採用入社されました。

20代の女性でした。

私とは部署が違ったので、初めはあいさつ程度でしたが、

私が作業室で作業をしていると、その方が入ってきて、突然、こう言いました。

「あの〜。冷えとり、やってらっしゃいますよね?」

そんなことを言われたのは生まれて初めてだったので、少しとまどいました。

「はい。やっていますよ」

すると、その方は、にこりと笑い、

「やっぱり?! ああ〜。よかった。なかなか冷えとりをやっている人がいなくて、新しい職場にきて、冷えとりをやっている方に出会えるなんて、本当にうれしいです!」

 

f2fcc5b378700c2d9992e88f2c16745c_s

 

実は、私もうれしかったんですよ

 

 

 

冷えとりの輪

 

声をかけてくれたのは、なっちゃんという20代の女性でした。

なっちゃん(以下 な)「風さんが、コピーをとっているいるときに、後ろ姿の足元をみたら、夏なのに短ブーツで、あれ?って思ったんですよね〜。それから、注意してみていたら、絶対冷えとりやっている!って確信したんで、声をかけてみました!」

茜「確信?」

な「デスクの上に、保温水筒がありますよね。夏なのに、湯気のたっている温かい飲み物も飲んでいる! これは,冷えとりに間違いないかなって思ったんです。それに、お菓子が配られても食べないし・・・」

茜「なるほど〜。観察力ありますね(笑)」

な「私は、冷えとりを始めてまだ1年くらいなんです。」

茜「私は6年くらいかな」

な「すごい! 頼もしいです!」

茜「なっちゃんは、冷えとりはどうやって知ったんですか?」

な「マーマーマガジンです!」

茜「あ、服部みれいさんの主宰しているところの雑誌ね。私も何冊か持っている』

な「風さんは?」

茜「私は青木美詠子さんの本から始まり、マーマーマガジンを経て、進藤義晴先生の本に行き着きました。」

「ずぼらなあおきさんの冷えとり毎日」青木美詠子

「ずぼらなあおきさんの冷えとり毎日」青木美詠子

冷えとりガールのスタイルブック

冷えとりガールのスタイルブック

 

な「私、進藤先生のことは知りませんでした。」

茜「とても参考になるから、今度貸しますね。初めて読むのなら、進藤先生のお嬢さんが、女性用に書いた本がいいと思うから、持ってきますね」

yjimage-1yjimage41x9gf9wPuL._SY350_BO1,204,203,200_

 

な「うれしいです! 私も風さんにお貸したい本があるから持ってきます。ミナ ペルホルンというブランドについての本なんですけれど。私はここの服が大好きで、高いけれど、がんばって購入しているんです。素材もよくて、ふわっとしていて、冷えとりの服にとてもいいんですよ。今度、持ってきます!」

確かに、なっちゃんの服装を見ると、とてもおしゃれでした。

ワンピースをふわっと着ていて、とてもよく似合っていました。

私も冷えとりの服には、とても困っていたので、ありがたくその本をお借りしました。

こうして、なっちゃんと私の交流が始まることとなったのです。

 

 

冷えとりの輪は、また冷えとりの輪を、広げる

 

こうして、私となっちゃんの冷えとり交流が始まりました。

少しづつ、お互いにプライベートなこともお話するようになってきました。

お昼を一緒にいただくことも多くなってきて、冷えとりのことに加えて、家族のことも話したりしました。

子供が絵を描くのが大好きだから、将来的に美大に行かせたいなどと話すと、実はなっちゃんは美大出身者だったり・・・・。

(ところで、このブログのアイキャッチ画像は、ほぼ子供の絵です。ご存知でしたか? 私が子供にこういうテーマで描いてねと依頼してから、子供が仕上げるという過程を繰り返してきました。こうすることで、テーマから創造する力を養えればいいなと思っています。たまに、写真だったりするのは、子供が多忙だったり、不在だったりするためです💦)

私が絵を見ることが大好きだと言うと、自分の知り合いの方の個展に誘ってくれたのもなっちゃんでした。

 

な「風さんにぜひ紹介したい人がいるんです。私の友人で、やはり冷えとりをやっているんですが、いろいろと話しが合うと思います」

 

そして、私はなっちゃんも含めて、その友人の方と個展を観た後に、ランチをすることになったのでした。

実は、私は表面的にはコミュニケーションがうまいので、人見知りとは思われてはいませんが、実のところ、人見知りで、慣れていない人と食事をするのは、とても苦手なので大丈夫かなと思っていました。(緊張して、食べられなくなってしまうのです)

怖がり=腎臓が悪いのが性格につくづく出ているなと思ってしまいます。

未知のことが怖い傾向が強いのです。

でも、その紹介された方は、さすがに冷えとりをやっている方だったので、昔からの知り合いのように話に花が咲きました!

3時間くらい冷えとりについて、お話をしても話しがつきることもなく、楽しく過ごすことができました。

なっちゃんの友人も、身体の不調や職場での待遇など、いろいろと腹をたてていました。

怒りっぽい=肝臓の毒!ですね)

冷えとりをやってから、怒りっぽい性格がずいぶん穏やかになったと3人で盛り上がりましたよ!

前はすぐにいらいらして八つ当たりしたことが多かったけれど、今はだいぶスルーできるようになったというのが共通の見解でした。

20代、30代は仕事についても、恋についても、いろいろと大変だと思います。

そして、なっちゃん(20代)とその友人(30代)は口を揃えて、

 

結婚して子供が欲しい〜

素敵な男性に出会いたい

 

d8f4b95fba7bd22bef526b659468e51c_s

私も,若い頃はね!

 

そう話してくれました。

そこからもう遠くにきてしまった私には、彼女たちがきらきらと輝いていて、とても新鮮でした。

冷えとりをしていると、こういう出会いもあるものなんですね!

今でも、なっちゃんとは心の交流をしていますよ。

年をとってから、利害関係のない友人をつくるのはとても難しいことなので、本当にありがたいことです。

つづく

 

冷えとりは衣食住から。

インテリアブログ「あ☆カル〜イインテリア」もどうぞご覧下さいませ。

こたつプロジェクトも作動中。

皆様からのご意見、ご感想をお待ちしております。

お問い合わせ先

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 

 


-15冷えとり茶話会,
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


  1. […] (*前回までのお話は、「冷えとり 仲間になるとき 1 2」をご覧くださいませ。) […]

  2. […] (*詳しくは、「冷えとり おしゃべりティータイム1 2 3」と「冷えとり 仲間になるとき1 2 3 4」をご覧くださいませ) […]

  3. […] (*前回のお話は、「冷えとり 仲間になるとき1」をご覧くださいませ。) […]

関連記事

冷えとり メソメソは肺

こんにちは。 冷えとり歴8年生の風茜です🍃 いつもたくさんのブログの中よりご訪問いただき、誠にありがとうございます。 少しずつ暖かくなってきて、過ごしやすくなってきました。 春は出会いや別れの季節で、 …

冷えとり おしゃべりティータイム2

こんにちは。 冷えとり歴7年生の風茜です🍃 いつも、たくさんのブログの中からご訪問いただきありがとうございます❤   さてさて、冷えとり仲間が集まって、世代や性別をこえて、楽しくおしゃべりし …

冷えとり 冷えとりしなかったときの妊娠1

こんにちは。 冷えとり歴7年生の風茜です❤ いつもブログにご訪問いただきありがとうございます。   冷えとりをしてから、私の人生は劇的に変わりました。 気がつけば、病気が減ったことや、心がか …

冷えとり 冷えとり勉強会に行ってみました♡

こんにちは。 冷えとり歴7年生の風茜です❤ いつもブログにご訪問いただきありがとうございます。     冷えとりも7年目に入りましたが、今まで冷えとりの生みの親である進藤義晴先生の …

冷えとり 仲間になるとき2

こんにちは。 冷えとり歴7年生の風茜です🍃 いつも、たくさんのブログの中からご訪問いただきありがとうございます❤   7年間の冷えとり生活で、私にもだんだん仲間が増えてきました。 冷えとり友 …

無料メルマガ

bnr_03.png

無料メルマガ
『恋も、お金も、健康も!
本当に望むものをすべて手に入れる
冷えとり健康法
8日間講座』

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須





風茜のプロフィール


風茜のプロフィール

冷えとりコーディネーター。
大学卒業後、美術館学芸員を経て、不況、夫の大病のため、転職を8回経験する。仕事のストレスから体が冷え切っていて、ようやく30代後半で妊娠するも、冷えのため切迫早産しそうになる。子供のアトピーをきっかけに冷えとり健康法を知り、靴下2枚ばきから始める。ずっと体が弱く、入院、手術を繰り返していたが、冷えとりで体質が改善されて、健康を取り戻した。現在冷えとり歴10年目。どんどん体の毒出しが起こり、体の冷えがとれて思う通りの幸せな毎日を送ることができるようになった。現在、靴下8枚ばき、半身浴2時間、1年中湯たんぽをいれ、腹7分を心がけている。アラフィフを機に、冷えとりコーディネーターとして、冷えとりと人との間をつなぐ仕事をしたいと活動を決意。2015年6月より冷えとりブログを開始。